Team WinFakt が Counter-Strike1.6 チームの解散を発表

Team WinFakt

Team WinFakt が Counter-Strike1.6 チームの解散を発表しました。

WinFakt closing the CS division

Team WinFakt は 2012 年 5 月に、Lemondogs として活動していたプレーヤー達と契約し、6 月に開催された『DreamHack Summer 2012』(5-6 位)や『Swedish Championship』(3 位)に出場。

大会後、チームのキーマンである Sweden Bjorn “threat” Pers 選手がチームを脱退し、元 a2g の John “wenton” Eriksson 選手が加入。先月末には Sweden Emil “FYRR73” Karlsso 選手が Denmark Fnatic に移籍となり、チームは Counter-Strike1.6 シーンの現状もふまえ、チームのサポートを停止することを決定したそうです。

Niklas “niko” Johansson 選手のコメント (Fragbite インタビューより)
最後の Counter-Strike1.6 トーナメントに参加する事を楽しみにしていましたが、5 人目がいないこと、そして参加をサポートしてくれるスポンサーが見つからないことから非常に困難となりました。一度も一緒にトーナメントをプレーできなった wenton に申し訳なく思います。個人的に CS:GO をプレーするつもりはありません。NiP のゲームを観戦しましたが、それはモノクロテレビでプリズナーを見るようなものでした。そう見えたのは私がゲームをプレーしていないからかもしれませんが。これは私にとって引退する良い機会です。最後のトーナメントに参加出来なかったのが、本当に残念です。

Jelle Baudeweyns 氏のコメント (WinFakt CEO)
これはこれまでで最も難しい決断でした。Counter-Strike1.6 を何年もサポートしてきましたが、次に進む時がやってきました。
私たちは、Counter-Strike1.6 がフルスケールで競技ゲーミングに飛び込むことが出来た理由であることを知っています。そして、このゲームに対し多くの貸しがありますが、メンバー問題に直面し、現在の競技 Counter-Strike シーンから撤退することを決定しなくてはなりませんでした。

それは、簡単な事ではありませんでした。しかしあなたはハートに呼びかけなければなりません。私たちはより新しいゲームにスイッチし、チームを発表します。ビッグニュースをお見逃し無く。私たちはあなたに 1 つのことを保証することが出来ます。私たちはそれを忘れないでしょう。

ex-WinFakt

  • Sweden Frej “kHRYSTAL” Sjöström
  • Sweden Jim “zneel” Andersson
  • Sweden Niklas “niko” Johansson
  • Sweden John “wenton” Eriksson

情報元

コメント

Avatar MamE

チームが解散して次のシーンに移っていけばいいのだけれども…。
チーム側がやる気でも選手たちのほうが乗り気じゃないのかなぁ。
まだまだ温度差があるみたいですね。

Avatar Delgohan

この辺の万年うだつの上がらない奴が最後にすかしっ屁を言い放ち、
これからのe-sports界の未来に水を差して去ってゆく姿が死ぬほど好きです。

Avatar mishima2006

CS:GOなんてやりたくないっていう気持ちはわかるわ…。
プロゲーマーもずっと続けられるものじゃないしなぁ。

Avatar atomk

>wenton が私たちとトーナメントでプレーする気が無いことにがっかりです。

この原文に当たる

>I feel bad for wenton who never got to play a tournament with us.

この「I feel bad」は、さすがに「申し訳なく思う」という意味の方だと思いますので、正しくは

「一度も一緒にトーナメントをプレイできなった wenton に申し訳なく思う」

みたいな感じだと思います。