eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Electronic Sports World Cup』や『Electronic Sports League』が Counter-Strike: Global Offensive の統一ルールを使用することを発表

Counter-Strike: Global Offensive

『Electronic Sports World Cup』や『Electronic Sports League』が Counter-Strike: Global Offensive の統一ルールを使用することを発表しました。

CS:GO rules go global

『Counter-Strike: Global Offensive』のルールは、大会ごとにグレネードの採用等が異なっている現状でしたが、ルールやマッププールを各大会で共通化することを決定したとのこと。

採用イベント

  • Electronic Sports League (ESL)
  • Electronic Sports World Cup (ESWC)
  • SLAP Live
  • Copenhagen Games (CG)
  • Assembly LAN

共通項目

  • グレネードは 4 個まで使用可能(フラッシュは 2 個まで)
  • cl_bobcycle 0.98 (standard)
  • weapon_debug_spread_show は使用禁止 (0 に設定)
  • net_graph は使用禁止 (0 に設定)
  • weapon_recoil_model (使用、変更しない)
  • mat_hdr_level(使用、変更しない)
  • すべての武器とグレネードを使用可能とする

マッププール

  • de_inferno_se
  • de_dust2_se
  • de_train_se
  • de_nuke_ve
  • de_mirage_csgo

今後も内容は変更される可能性もありますが、上記大会については変更内容もすべて共通反映されるそうです。

今回の発表ですべてのグレネードが使用可能と決定されましたが、発表以前に「Players speak out: “Ban molotovs”」という記事が HLTV.org に掲載されており、プロゲーマー達からは使用不可を望む声が多く上がっていました。

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

コメント (0)
  1. Hubble より:

    公式ルールが登場したか

  2. execut1ve より:

    Molotov禁止の件は、今までの仕様に慣れきって
    新しい仕様に慣れようとしない人がひたすら批判してた感がバリバリだったので
    使用許可はナイスな判断だと思いますね
    そんなにゲームバランスが崩れるわけでもないですし、対策次第だと思います。

  3. Kudryavka より:

    もうグラフィックと銃の挙動とマップも1.6と全く同じにしたらいいと思うよ