Team WinFakt がチームを解散、Counter-Strike: Global Offensive チームは The Hawks!として活動を継続

Team WinFakt
Team WinFakt がチームを解散することを発表しました。

The Plug Has Been Pulled

今回の発表は、特定の部門が解散するわけでは無く、Team WinFakt そのものが存続しなくなるというものでした。

Team WinFakt には CS:GO, QUAKE LIVE, StarcraftII, League of Legends, FIFA 12 のチームが存在していますが、これらの選手はすべて契約が解除となります。

Team WinFakt は 2012 年 5 月に、フィンランドを主体とした Counter-Strike1.6 チームの解散を発表。その数日後には、元 Lemondogs のメンバーと契約しスウェーデンチームを発足させました

そのスウェーデンチームも、メンバーの入れかわりによるラインナップの不安定化によって 9 月に解散。そしてまたもやその数日後に CS:GO チームが発表されたわけですが、今度はチーム全体が無くなってしまいました。

解散の理由について、チームオーナーの Vincent Mast 氏は公式サイトにて以下のようにコメントしています。

Vincent Mast 氏のコメント
今頃、みなさんはメジャーなサイトで解散についてすでにお読みになっているかもしれません。

様々な理由により、私は Team WinFakt を去ることになりました。様々な記事で書かれている「モチベーションの低下」は理由の1つですが、これはメインの理由ではありません!
私には忙しい仕事と面倒を見なければならない子供がおり、 Team WinFakt ために働く時間が作れないのが本当の理由です。

私が Team WinFakt を止めることを決めたために、私の父は将来的なチームの支援を終了する事を決めました。私は父が支援を継続してくれることを望んでいましたが、それはすべて終了しました。

私はチームとスポンサーの皆さんに謝罪したいと思います。しかし、チームを続ける選択肢は全くありませんでした。

私はすべてのチームの幸運と、CS:GO チームが DreahHack Winter2012 に参加するためのスポンサーを獲得できることを望んでいます!

Team WinFakt に対する Jelle, Felix, Nico の働きには特に感謝しています。また、数年にわたりすべてを可能としてくれたすべてのスポンサーとファンの皆様にもまた感謝いたします。

The Hawks! (元 Team WinFakt)

  • Finland Aleksi “allu” Jalli
  • Finland Niko “naSu” Kovanen
  • Finland Joona “natu” Leppänen
  • Finland Timo “reflex” Rintala
  • Finland Jonas “ScurK” Finnilä

The Hawks!チームが DreahHack Winter2012 に参加するためには €2,500 ほどの資金が必要で、現在これらを支援してくれるスポンサーを探しているそうです。

情報元

ゲーム紹介

コメント