eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Electronic Sports League(ESL)』が賞金総額 $156,000 の Counter-Strike: Global Offensive 大会『RaidCall ESL Major Series One』開催を発表

RaidCall ESL Major Series One

『Electronic Sports League(ESL)』が賞金総額 $156,000(約 1,417 万円, $1=14.17 円)の Counter-Strike: Global Offensive 大会『RaidCall ESL Major Series One』開催を発表しました。

RaidCall ESL Major Series One

『RaidCall ESL Major Series』は 2013 年に 4 シーズンで開催される予定で、各シーズンは予選をオンライン、プレーオフをオフラインイベントとしで実施されます。

各試合は ESL TV のオンラインストリーミングを通じて観戦可能となる予定です。
大会の詳細や参加チームについては、今後続々と発表になります。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar くぁwせ says:

    さて楽しみ

  2. Avatar mm360 says:

    さてさて楽しみ