eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『League of Legends Season 3 World Championship』で SK Telecom T1 が優勝、賞金100万ドルを獲得

League of Legends Season 3 World Championship

『League of Legends Season 3 World Championship』で Korea SK Telecom T1 が優勝となりました。

League of Legends Season 3 World Championship

『League of Legends Season 3 World Championship』は各国の予選を勝ち抜いた14チームが参加し、9月15日からアメリカのロサンゼルスで開催されてきました。

そして本日、ファイナルがNBAのロサンゼルス・レイカーズ、ロサンゼルスクリッパーズの本拠地でもある屋内競技場Staples Centerで行なわれました。

順位

  • 1位: Korea SK Telecom T1 – $1,000,000
  • 2位: China Royal Club – $250,000
  • 3-4位: Europe Fnatic – $150,000
  • 3-4位: Korea NaJin Black Sword – $150,000
  • 5-8位: Taiwan Gamania Bears – $75,000
  • 5-8位: Europe Ganbit BenQ – $75,000
  • 5-8位: China OMG – $75,000
  • 5-8位: United States Cloud 9 Hyperx – $75,000
  • 9-10位: Sweden Lemondogs – $45,000
  • 9-10位: Korea Samsung Galaxy Ozone – $45,000
  • 11-12位: United States Team SoloMid – $30,000
  • 11-12位: United States Team Vulcun – $30,000
  • 13-14位: Lithuania GamingGear.eu – $25,000
  • 13-14位: Philippines Mineski – $25,000

SK Telecom T1

ファイナル

  • Korea SK Telecom T1 [3-0] China Royal Club

ファイナルは SK Telecom T1が圧勝。
各試合は、YouTubeでも行なわれていた実況配信のアーカイブから見ることができます。

各プレーヤーのチャンピオン、アイテム、スコア等は公式サイトにまとめられています。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/