eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

プロゲームチーム『Alliance』がLeague of Legends部門の設立を発表

Alliance

プロゲームチーム『Alliance』がLeague of Legends部門の設立を発表しました。

A new Alliance has been formed

『Alliance』は2013年8月に開催された『DOTA2』の公式世界大会『The International 3』で優勝し賞金143万ドルを獲得したことで有名なスウェーデンを拠点とするプロゲームチームです。

『Alliance』はDOTA2、StarCraftIIで活動をしていましたが、この度新たに League of Legends 部門が新設されました。

メンバーは、北米を拠点とするEvil GeniusesのLeague of Legendsチームで活動していたFroggen、Wickdを中心にヨーロッパのプロゲームチームで活躍するプレーヤーで構成されています(Evil GeniusesとAllianceはオーナーが同じ)。

FroggenとWickdは、『DreamHack Summer 2012』優勝、『League of Legends Season 2 World Championship』ベスト4、『LCS Europe Season 3 Summer Playoffs』ベスト4といった実績を持っています。

Henrik “Froggen” Hansen選手のコメント
Shook, Tabzz, Wickdと共にAllianceに加入することを誇りに思います。
Allianceは特にDOTA2で素晴らしい成功を収めた歴史を持つ組織です。

私たちはLeague of Legends Championship Series Europeのトップチームとなり、最終的にSeason 4 World Championshipに出場することを目標としています。

最初のミッションは、今週末に開催される『Battle of the Atlantic 2013』でDignitasに勝利することです。

新しいチームメイトとプレーするのをたのしみにしています。Kazmitchをテストすると共に、私たちが出来ることを世界にお見せします。

Alliance

  • Denmark Froggen (Evil Geniuses)
  • Denmark Wickd (Evil Geniuses)
  • Czech Republic Kazmitch (Reason Gaming)
  • Netherlands Tabzz (Lemondogs)
  • Netherlands Shook (Copenhagen Wolves)

また、Evil Geniusesも新ラインナップ発表の特設ページを開設しており、近々アメリカを拠点としたチームのメンバー発表が行なわれるのではないかと思います。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar これ誰の乳首ー?俺のー! says:

    おmg