eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『ESL One Cologne 2014 CS:GO Championship』に新ルール追加、VACにBANされているプレーヤーは出場不可に

ESL One Cologne 2014 CS:GO Championship

2014年8月14~17日にドイツで開催される賞金総額25万ドルのCounter-Strike: Global Offensive大会『ESL One Cologne 2014 CS:GO Championship』参加に関する新たなルール追加が発表されました。

Valve Anti-Cheat BANされているプレーヤーが出場不可に

大会公式サイトでの発表によると、ルールが改定され下記の項目が追加されました。

2.8.10 Publisher’s anti-cheat system
Any player who has been caught cheating by the game publisher’s anti-cheat system (VAC) in Counter-Strike: Global Offensive is not eligible to participate in this tournament.

Counter-Strike: Global OffensiveにおいてゲームパブリッシャーのValve Anti-Cheat Systemに不正行為を見つけられた者はトーナメントに参加することが出来ない

参加時に VACによるBANが発覚していなかったとしても、後にその事実が確認された場合は出場の取り消し措置がとられるそうです。

ESLは、CS:GOに導入したこのルールを今後様々なゲームに拡大していくことを議論しているとのことです。

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

コメント (0)
  1. bolippy より:

    Happy…

  2. execut1ve より:

    むしろ今まで無かったのが不思議

  3. MamE より:

    あれ…たまにプロでもプロフィール見るとはるか昔にBANされてるような人もいた気がするけど大丈夫なんかな

  4. PAUM より:

    CSGOじゃないけどn0thing先生あかんやん(震え)

  5. これ誰の乳首ー?俺のー! より:

    wwwwwwwwwwwwwwwwwww