世界大会『World Cyber Arena 2014』「Crossfire」部門に日本代表として出場を希望する2チームを募集中

Crossfire

2014年10月に開催される競技ゲームの世界大会『World Cyber Arena 2014』「Crossfire」部門に日本代表として出場を希望する2チームの募集が行なわれています。

WCA2014 出場希望チームを募集中

募集は、日本の「クロスファイア」公式サイトにて下記の条件で行なわれています。

募集期間

  • 2014年8月12日(火)~8月20日(水)23:59まで

募集条件

  • 2014年10月2日(木)~10月5日(日)の期間中に、中国の銀川市で開催されるWCAに参加できる方。

渡航日程

  • 2014年10月1日(水)~10月6日(月)

募集チーム数

  • 2チーム(1チームにつきメンバー5名)

上記の条件を満たしていれば、どのようなチームでも応募が可能とのこと。

WCAはアジア諸国の友好を深める親善試合でもあることから、通常の世界大会のように国内大会1位チームを選出するのではなく、これまで出場機会に恵まれなかったチームも含めて選考されるそうです。

応募については、以下のリンクから応募ファイルをダウンロードし必要事項を記入して提出を行なうことで完了となります。

応募詳細

「WCA2014」は7タイトルで開催。
クロスファイア部門には12チームが参加し、総当たりの予選リーグを実施後、4チームによるトーナメントで世界王者が決定されます。

Crossfire賞金 (650,000人民元, 約1,078万円, 1人民元16.58円)

  • 1位: 350,000人民元 (約580万円)
  • 2位: 150,000人民元 (約248万円)
  • 3位: 100,000人民元 (約165万円)
  • 4位: 50,000人民元 (約82万円)

その他タイトルの情報については、以前紹介した記事を参照してください。

情報元

コメント

Avatar apabi

親善試合で1位に580万も出るって中国凄すぎませんかね・・・とりあえずCS:GOとかにもこういうので日本参加できるようになって応援させてください。とにかく出場されるプレイヤーに皆さんマジで頑張って!