eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

ApeX R Gamingがアンプロフェッショナル行為により『LEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE』関連大会へ年内出場停止に

LEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE

『LEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE』が、プロチーム Japan ApeX R Gamingに対し同リーグ関連大会への年内出場停止処分を下したことを発表しました

ApeX R Gamingが LJL関連大会へ年内出場停止に

大会公式サイトにて、2015年9月12日(土)付けで下記のように発表が行なわれました。

ApeX R Gamingに対するペナルティに関するお知らせ

この度ApeX R Gamingがアンプロフェッショナルな行為を行ったことで、今年の12月31日までアカウント使用停止処分というペナルティを受けたことにより、LJLの大会への出場も停止処分とさせて頂きました。
これは公式大会ルール4.2のアンプロフェッショナルな行為への違反となり、4.4の記載があるように弊社の判断で4.5の罰則規定である出場停止を適用させていただきました。
http://e-sports-square.com/ljl/rule/

LJLに参加するチームはトップのプロチームとして特別にKRサーバーを支給されており、プロチームとして厳格な運用を求められております。

LJL運営としてもトップシーンで活躍する選手へは他のプレイヤーの模範的存在として
強い自覚をもって活動していただきたいという願いを持っております。
何卒よろしくお願いします。

from http://e-sports-square.com/ljl/news/news-4237/

チームは処分に伴い解散することを発表しています。

上記の発表だけではいくつか不明な点がありましたのでリーグおよびApeX R Gamingに対し質問をさせていただきました。

※ApeX R Gamingにいただいた回答について公開の確認がまだ取れていないので、下記では双方に事実確認が出来た以外のことについては現状触れていません

アカウントが停止された経緯について

アカウント停止処分は上記発表のとおり『LEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE』の出場選手に対してRiot Games社から特別に付与されている韓国サーバーのアカウントを対象に行なわれました。

こちらについて確認したところ、まず、ゲーム内での暴言により選手の1人がBAN処分を受け、その後にもう1名が別件でBANとなり、チーム通算2回目のBANとなったことからチーム全選手のアカウントが2015年12月31日まで利用不可になったとのこと。

リーグはRiot Gamesにも確認を行なった上で、リーグの参加規約に照らし合わせてアンプロフェッショナル行為と認定し、チームに『LJL』関連大会への年内出場停止を通達したとのことです。

ApeX R Gamingは次回の「入れ替え戦」に出場出来ず

『LEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE』のシーズン終了後には、成績下位2チームと、チャレンジトーナメント上位2チームによる入れ替え戦が実施されます。

こちらの日程についてはまだ公式発表されていませんが、年内の実施を予定しているそうで、出場停止期間中となることからApeX R Gamingは入れ替え戦に参戦することが不可能となりました。

ApeX R Gaming出場不可による「入れ替え戦」への影響は?

ApeX R Gamingが出場出来なくなることによって、チャレンジトーナメントから挑戦する1チームは不戦勝となりLJLへの出場が確定するのかについて確認したところ、こちらについては協議中とのこと。

また、ApeX R Gamingのメンバーは2015年12月31日までのペナルティ期間が終了すれば、改めて関連大会へ出場することが可能となるそうです。

「アンプロフェッショナル行為」の線引きは?

今回のApeX R Gamingに対して下された「アンプロフェッショナル行為」での出場停止ペナルティは、『LEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE』が始まって以来、初となる公式処分になるかと思います。

ただ、これまでにも『LJL』の出場選手がアカウントのサスペンド、暴言等でのチームによる謹慎処分や脱退処分を下されている事実がありますが、これらはリーグによって「アンプロフェッショナル行為」としては処分されてきませんでした。

この判断についてリーグに確認してみたところ、回答は「公式的、公共的な場所で明らかにアンフェアな行為が行われたと証明できる事象に対し最終的な手段として処分を下す」「選手すべての行動や言動を監視することは不可能ですが、公共の場や、公式の場での明らかな暴言行為などは、LJL公式ルールに基づいて都度判断する」というものでした。

今回については、Riot GamesおよびApeX R Gamingにより、公な場所でのアンプロフェッショナル行為を確認することが出来たため、公式処分が下されたということになるでしょうか。

『LJL』のオフライン大会で司会を担当されている室川慎也さんが以前良いツイートされていたのを思い出したので紹介させていただきます。自分も含め、みんなが気をつけていかなければならないことですね。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!