eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

日本のプロゲームチームRascal Jesterがサードウェーブデジノス社とサポート契約を締結、新たにCS:GO部門を設立

Rascal Jester

日本のプロゲームチーム Japan Rascal Jesterがサードウェーブデジノス社とサポート契約を締結したことを発表しています。

Rascal Jesterがサードウェーブデジノス社とサポート契約を締結

両者のサポート契約は、株式会社サードウェーブデジノスが秋葉原で展開するゲーミングPCのショウルーム「GALLERIA Lounge」のリニューアル記者発表にて締結されました。

発表会では、サードウェーブデジノス社の取締役社長 田中基文氏と、Rascal Jesterの代表の大川考行氏がサポート契約書に署名し、両者のサポート契約が締結となりました。

代表の大川氏に今回の契約内容について質問してみたところ、Rascal Jesterはサードウェーブデジノス社に同社のゲーミングPCブランド「GALLERIA」の製品を練習用に提供される他、活動支援などを受けていくことになるとのことです

日本トップチーム Grow Upのメンバーが加入しCS:GO部門が発足

Rascal Jesterはこれまで「League of Legends」をメインに活動を続けて来ましたが、今回新たに「Counter-Strike: Global Offensive」部門が設立されました。

Rascal Jester CS:GO

チームは直近では『JCG CS:GO Premier 2015 Winter』の予選を勝ち抜き決勝トーナメントに進出。準々決勝でプロチームの Japan DeToNatorと対戦し、1-2と僅差で敗北しベスト8という結果となっていました。

新たなサポートを獲得した Rascal Jester の「League of Legends」部門は、2016年1月より開幕となる「LEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE 2016 Season 1」に出場予定となっています。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/