eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

Renegades CS:GO部門に元Team ImmunityのUSTILOが加入、Havocがサブメンバーに

Renegades

オーストラリアのプロゲームチーム Australia RenegadesがCS:GO部門のメンバー変更を発表しました。

元Team ImmunityのUSTILOがラインナップ入り、Havocはサブメンバーに

Australia Renegadesは先日に台湾で実施された『Intel Extreme Masters 2016 Taipei』CS:GO部門の決勝戦で Mongolia TheMongolZと対戦し2位に入賞。

2月26~28日にアメリカで開催される 『MLG Columbus 2016』オフライン予選の出場権を獲得しました。

Renegadesはメンバー変更を必要と判断し元Team ImmunityのUSTILOを獲得

チーム公式サイトでは詳細について明らかにされていませんが、Havoc選手は自身に求められた仕事をこなすことが出来なかった事からチームはメンバー変更を決定したとredditに投稿を行なっていました。

数字が全てではありませんが、各選手のプレーデータは下記のようになっており Australia USTILO 選手が安定した数値を残していることがわかります。

Havoc
Havoc

USTILO
USTILO

Renegades CS:GO

  • Australia Justin “jks” Savage
  • Australia Aaron “AZR” Ward
  • Australia Chad “SPUNJ” Burchill
  • Australia Yaman “yam” Ergenekon
  • Australia Karlo “USTILO” Pivac
  • Australia Luke “Havoc” Paton (Sub)

Team Immunity

  • Australia Captain Iain “SnypeR” Turner
  • Australia Ricky “Rickeh” Mulholland
  • Australia James “James” Quinn
  • Australia Chris “emagine” Rowland

新たなラインナップとなった Australia Renegades は2月10日より開幕となる『ESL Pro League 2016』のアメリカ部門に出場予定です。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/