eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Dota Pit League Season Four』で韓国MVP Phoenixが優勝

Dota Pit League Season Four

賞金総額約19万ドルで開催された『Dota Pit League Season Four』で Korea MVP Phoenixが優勝となりました。

Dota Pit League Season Four

『Dota Pit League Season Four』は招待4チーム、「アメリカ」「ヨーロッパ」「CIS」「アジア」予選を勝ち抜いた4チームを合わせた計8チームの出場で実施されました。

基本賞金総額は10万ドルで、$2.99の大会観戦チケットアイテムが購入される度に、その25%が賞金に配分される仕組みが採用され、最終的に「$195,274」となりました。

順位

  • 1位: Korea MVP Phoenix(アジア予選通過) – $97,407
    • MP, QO, Forev, Febby, DuBu
  • 2位: United States Evil Geniuses (招待) – $46,755
    • Arteezy, SumaiL, UNiVeRsE, Fear, ppd
  • 3-4位: United States compLexity Gaming (アメリカ予選通過) – $25,326
    • Chessie, Limmp, swindlemelonzz, Zfreek, Handsken
  • 3-4位: Ukraine Natus Vincere (ヨーロッパ予選通過) – $25,326
    • Ditya Ra, Dendi, GeneRaL, SoNNeikO, Artstyle
  • 5-8位: Russia Virtus.pro (招待)
    • XBOCT, G, DkPhobos, Lil, fng
  • 5-8位: Europe OG (招待)
    • Miracle-, BigDaddy, MoonMeander, Cr1t, Fly
  • 5-8位: Europe Team Secret (招待)
    • EternaLEnVy, w33, MiSeRy, Puppey, pieliedie
  • 5-8位: Russia Team Empire (ヨーロッパ予選通過)
    • yoky-, fn, Ghostik, ALOHADANCE, NoFear

決勝

  • Korea MVP Phoenix [3-0] United States Evil Geniuses

接戦の3ゲームを制し、Korea MVP Phoenixがついにタイトルを獲得しました。
韓国最強チームの Korea MVP Phoenix は国際大会出場の常連チームですが、これまで大きなタイトルにはなかなか手が届かない状態でした。

しかし、徐々に力をつけ今月上旬に開催された賞金総額300万ドルのDota 2メジャー大会『The Shanghai Major』ではベスト4に入賞。そして今回、Europe OG、United States compLexity Gaming、そしてUnited States Evil Geniusesといった強豪チームを倒して優勝となっています。

また、今大会は成績が低迷していた Ukraine Natus Vincere がセミファイナルまで進出し1-2で敗北したもののUnited States Evil Geniusesを苦しめ、再び上位に返り咲いてきました。

各試合の動画下記から閲覧できます。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/