eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

SCARZのSearch選手がElo Boosting荷担のルール違反、『LJL 2016 Summer Split』を含む4か月の出場停止処分に

LJL 2016 Spring Split Final

Riot Gamesが『LJL 2016』出場のプロゲーミングチーム Japan SCARZ 所属のMIDプレーヤー Korea Search選手に対するルール違反の処分について発表を行ないました。

SCARZのSearch選手に4ヶ月間の競技出場停止処分

今回の発表によると、Search選手が他人のアカウントのレーティングを引き上げるために代行プレーを行なうElo Boostingに荷担していたことが調査の結果明らかとなりました。その期間は2015年9月から2016年1月にかけての5か月間で、4アカウントを対象に計40回のElo Boosting実施が確認されていたそうです。

Riot Gamesは世界共通となるペナルティルール「Global Penalty Index」に基づき、このElo Boosting行為によりSearch選手に競技月間4か月(2016年5月1日から8月31日)の出場停止処分を下しました。

これにより、Search選手は今後実施される『LJL 2016 Summer Split』および『LJL CS 2016 Summer Split』の全試合に出場することが出来なくなります。

SCARZは公式サイトで事実確認と再発防止についてコメントを発表

チームは公式サイトで本件についての事実を認めると共に、今後の再発防止に努めていくことを発表しました。
後日、選手本人からの謝罪を公式サイトに掲載予定とのことです。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!