BlizzardとFacebookが提携、Facebookログインやライブ配信機能をゲームに導入、Overwatchに実装中

Blizzard

Blizzard Entertainmentが世界最大級のSNS『Facebook』との提携を発表しました。

Facebookログインやライブ配信機能をBlizzardタイトルに導入

今回の提携により、Blizzard Entertainmentが展開する下記タイトルにおいて、Facebookアカウントを使ってのログインや、FacebooのLive APIを経由してFacebookプラットフォーム上でのゲーム動画配信が可能となる予定です。

Gio Hunt氏のコメント(Blizzard Entertainment)

Blizzardのゲームは友達と一緒にプレーするのが最高なため、ゲームにおける体験を簡単かつ楽しくお互いに共有することができる機能やサービスを提供するのは、非常に重要なことです。

現在、私たちはFacebookと密接に連携してOverwatchとの統合に取り組んでいます。開発が進み、計画の詳細についてお知らせすることを楽しみにしています。

連携対象タイトル

  • World of Warcraft
  • Heroes of the Storm
  • Hearthstone
  • Diablo III
  • StarCraft II
  • Overwatch

これまでに、いくつかの大会がFacebookのライブ動画機能を使って試合の中継を実施しているのを見たことがあります。

視聴者数はそれほど大きな数字ではありませんでしたが、Facebookは密接な人間関係で構築されているSNSだと思いますので、「あの人が見ているのなら」というような人とのつながりを通じてゲームに触れていく機会が増えそうです。

また、Facebookプラットフォームだと簡単に動画を見やすいため、こういった点がLIVE APIを採用する理由の1つではないかと思います。

Twitterも一部のユーザー限定でライブ配信機能を公開し始めているので、今後はTwitterとゲームの連携といった展開も出てくるのではないでしょうか。

情報元