LANゲームパーティ『C4 LAN 2017 SPRING』が開幕、5/5(金・祝)まで72時間連続開催、当日券の発売決定

DSC_8262

72時間ぶっ続けで実施されるLANゲームパーティ『C4 LAN 2017 SPRING』が5/3(水・祝)にヒューリックホールで開幕しました。

LANゲームパーティ『C4 LAN 2017 SPRING』

『C4 LAN 2017 SPRING』は、PC、ゲーム機、ボードゲームなどを持ち寄り参加者でゲームを楽しむことを目的としたLANゲームパーティです。

イベントはLANゲームパーティということで、聖火ランナーならぬ「LANNER」が有線LANケーブルを片手に会場を目指して東京を走り回り、開会式のステージに設置されたPCにケーブルを接続することでスタートしました。

自分は20時過ぎ頃に会場を訪れたのですが、会場入り口まで人がぎっしりと入っており昨年を超える盛況となっていました。

会場でも大人気『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』

最大100人が生き残りをかけて競い合うバトルロワイヤルゲーム『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(PUBG)が最近注目のタイトルとなっていますが、会場でもその人気は健在。どのあたりに行ってもこのゲームをプレーしている人がいるほどで、中には列全てが『PUBG』という席も存在していました。

DSC_8268

DSC_8263

コミュニティでの貸し切り席も。『StarCraft II』コミュニティが今年も積極的

『StarCraft II』コミュニティは昨年に引き続き、まとまった席を借り上げてコミュニティに開放。プレーを楽しんだり、『StarCraft II』の輪を広げようというコミュニティ活動が行なわれていました。

DSC_8247
プレー席を開放。「ついでにぜひ体験していって下さい!」とお誘いいただきました。

DSC_8313
プロチーム・サイクロプス大阪コーチのnazomen氏が会場から『2017 HOT6 GSL Season 2』の日本語配信を実施。

DSC_8321
会場入り口のホワイトボードにも抜かりなくPRが。eスポーツライターのスイニャンさんには「Dota 2は兄弟みたいなゲームですから、スタクラも簡単にできますよ!」と声を掛けていただきました。新たなファンを増やすスタクラコミュニティの行動力にはとても学びがありました。

DSC_8246
楽しそうだったスタクラコミュニティのみなさん。中央のマスクをしている人物はプロゲーマーの Hong Kong Patrick “Bistork” Ho 選手。その右側は同じくプロゲーマーの Sweden Felix “Winter” Hegethorn選手。

『ロケットリーグ』大会など会場内イベント開催

会場では、ロケットリーグ大会『Rocket League Skylanders Cup』のGrand Finalがメインステージで開催されていました。

DSC_8294

DSC_8275
出場選手達

DSC_8288

DSC_8298
主催・実況の kokken氏

会場では今後も様々なイベントが開催されていきます。スポンサーブースにも面白い試みが色々と行なわれています。

会場のチケットはすぐさま完売となり、当日券の販売は行なわれてない予定でしたが、明日5/4(木・祝)以降、枚数限定で販売が行なわれるそうです。

貴重な体験を出来ること間違いナシなイベントなので、予定が合う人はぜひ遊びに行ってみてください。

写真

参考