『LJL CS 2018 Summer Split』出場4チームを決める予選に5チームが出場、6/28(木)・7/1(日)に試合実施

『LJL CS 2018 Summer Split』の出場4枠をかけた予選が、2018年6月28日(木)、7月1日(日)に実施されます。

LJL CS 2018 Summer Split

『LJL CS 2018 Summer Split』は、来季の1部リーグ『LJL 2019 Spring Split』の出場権をかけて行なわれる入れ替え戦『LJL 2018 Summer Promotion Series』に挑む2チームを決定する大会です。

『LJL CS 2018 Summer Split』は6チームの参加で行なわれ、前回の入れ替え戦『LJL 2018 Spring Promotion Series』に出場した2チーム、一般公募からの4チームとなります。

この一般公募枠に5チームのエントリーがあったため、今回事前予選が行なわれ出場4チームが決定されます。

開催情報

『LJL CS 2018 Summer Split』出場チーム

出場確定

  • Japan 7th heaven
  • Japan Rascal Jester

下記5チームのうち上位4チーム

  • Japan AKIHABARA ENCOUNT
    • TOP:Arumik
    • JG:Cream
    • MID:Asato
    • ADC:Masyo
    • SUP:Lago
    • SUB: UInyan, Melt
    • COACH:Arora
  • Japan BowQen Blackbucks
    • TOP:Lem0n
    • JG:Baby
    • MID:Hollis
    • ADC:Ace
    • SUP:Kabupun
    • SUB:Tele, Knot, MadEmepror
    • COACH:Fixer
  • Japan Master of Chicken Gaming
    • TOP:POKA
    • JG:taiki
    • MID:Aiden
    • ADC:androp
    • SUP:Joji
    • SUB:HadesMan, Mim, KAKITA
    • COACH:LoveCraft
  • Japan SunSister ReUnion
    • TOP:tetras
    • JG:Real
    • MID:mandioca
    • ADC:Nenogi
    • SUP:satpyy
    • SUB:awamura, luciole, meraka
    • COACH:invals
  • Japan Two-eyed Monsters
    • TOP:TETE
    • JG:RayFarky
    • MID:Taka
    • ADC:Doku
    • SUP:Larc
    • SUB:NoFace
    • COACH:Hakodate

大会サイトに掲載された「競技ルール違反報告: 2018/06/25」によると、BowQen Blackbucks所属のTele選手はルール違反となる韓国サーバーのアカウントを入手していたこと、運営とチーム間の連絡内容を無許可でSNSに転載したことなどを理由に、8試合の公式戦出場停止処分の対象となっています。

また、元Burning Core所属のMakinyan選手も韓国サーバーのアカウントを利用していたことで4試合の公式戦出場停止処分が下されています。

毎シーズンごとに公式から処罰発表が行なわれるのが風物詩のようになっているのは、さすがにそろそろ何とかならないものでしょうか。

情報元