世界大会『World Electronic Sports Games 2018』の開催発表、CS:GOやDota 2など6タイトルを競技ゲームに採用

中国Alibaba Group傘下のAlisportsが、eスポーツ世界大会『World Electronic Sports Games 2018』の開催を発表しました

World Electronic Sports Games 2018

『World Electronic Sports Games 2018』は下記6つのゲームを使用し、世界の各エリアで予選を開催。エリアを代表する国家代表チームが本戦に集結し世界一を競います。

競技ゲーム

  • CounterStrike: Global Offensive
  • Dota 2
  • Starcraft II
  • Hearthstone
  • Vainglory
  • Pro Evolution Soccer

予選の時期は各エリアによって異なり、オンライン予選が2018年8~10月、その後にエリア代表決定戦、2019年に本戦という流れになるとのこと。

いまのところ、公式サイトでは東南アジアの出場登録がスタートしています。
日本を含むエリアについては今後発表されるのではないかと思います。

情報元