『CS:GO Major Championship』の次回大会出場枠数が「16」→「14」に変更、未勝利チーム分が予選通過枠に

2018年9月5日からスタートする『FACEIT Major: London 2018』から、「CS:GO Major Championship」の次回大会出場枠数の変更が適用されます。

『CS:GO Major Championship』の次回大会出場枠数が「16」→「14」に変更

ValveはCS:GO公式ブログに「Winning is Everything(勝利が全てだ)」というタイトルの記事を投稿し、この変更を伝えました。

「Legend」ステータス
以前:1-8位(8チーム)
今後:同上 (変更なし)

「New Challenger」ステータス
以前:9-16位(8チーム)
今後:9-14位(6チーム) –

『CS:GO Major Championship』は下記の3段階制となっており、これまでは「The New Legends Stage」にコマを進めた16チームは次回Major大会の出場が保証されていました。

『CS:GO Major Championship』フォーマット

The New Challengers Stage

  • 前回大会「New Challenger」ステータス8チームが出場
  • 「Minor」予選通過8チームが出場
  • 上位8チームが「The New Legends Stage」に進出

The New Legends Stage

  • 前回大会「Legend」ステータス8チームが出場
  • 「The New Challengers Stage」上位8チームが出場
  • 上位8チームが「The New Champions Stage」に進出
  • 9-14位チームが次回の「New Challenger」出場権獲得 (0勝チーム以外)

The New Champions Stage

  • シングルエリミネーション方式トーナメント
  • 出場した8チームが次回の「Legend」ステータス獲得

今回の変更によりスイス式トーナメントで行なわれる「The New Legends Stage」にて未勝利(0勝3敗)となったチームは、次回Major大会の出場権が付与されなくなります。そのため、それらのチームが再び「Major」大会に出場するには「Minor」大会を勝ち上がる必要があります。

2つ余ることになる出場枠は「Minor」予選に割り当てられ、下位チームによりチャンスが与えられます。

『FACEIT Major: London 2018』後に開催される「Major」大会は、2019年2月から3月にポーランドで行なわれる『IEM Katowice Major 2019』となります。

情報元

ゲーム紹介