「CS:GO」の実施見合わせ、『eSPORTS国際チャレンジカップ ~日本選抜vsアジア選抜~』の競技タイトルが変更に

2019年1月26日(土)・27日(日)に開催となる『eSPORTS国際チャレンジカップ~日本代表vsアジア選抜~』で『Counter-Strike: Global Offensive』の競技が実施されないことになりました。

eSPORTS国際チャレンジカップ ~日本選抜vsアジア選抜~

本イベントは、一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)とアジアeスポーツ連盟が協力して実施されるもので、4タイトルでの対戦が予定されています。そのうち、『CS:GO』の実施が見合わせとなりました。

一般社団法人日本eスポーツ連合(会長:岡村秀樹 以下JeSU) は、
1月26日、27日に幕張メッセで開催する『eSPORTS国際チャレンジカップ ~日本選抜vsアジア選抜~』の
競技タイトルが一部変更になることをお知らせいたします。

既に発表している、「ウイニングイレブン 2019」、「Counter-Strike: Global Offensive」
「ストリートファイターV アーケードエディション」、「鉄拳7」の4タイトルのうち、
「Counter-Strike: Global Offensive」について、諸般の都合により実施しないことになりました。

現在、代わりのタイトルを調整しており、概要が決まり次第、発表させていただきます。

本イベントの発表前から、1月26~27日には国際大会『World Electronic Sports Games 2018-2019』CS:GO部門日本予選の実施が決定しており日程のバッティングを気にする声が以前からありました。『eSPORTS国際チャレンジカップ』で『CS:GO』の試合を見ることが出来ないのは残念ですが、ファンとしては『WESG』日本予選に出場するチームを応援することに集中出来そうです。

eSPORTS国際チャレンジカップ 競技ゲーム

  • Counter-Strike: Global Offensive (別タイトルに変更予定)
  • ウイニングイレブン 2019
  • ストリートファイターV アーケードエディション
  • 鉄拳7

関連記事

『CS:GO』が競技ゲームに採用、『eSPORTS国際チャレンジカップ~日本代表vsアジア選抜~』2019年1月26日(土)・27日(日)に開催

情報元

ゲーム紹介