『Dota 2』のレジェンド「Dendi」が東南アジア「Tigers」にレンタル移籍

2011年の公式Dota 2大会『The International』で初代王者となったレジェンド Ukraine Danil “Dendi” Ishutin 選手が、地元を離れ東南アジア Malaysia Tigers にレンタル移籍となったことが発表されました。

「Dendi」が東南アジア「Tigers」にレンタル移籍

Ukraine Natus Vincereは2018年9月に新体制を発表。そこで、チームの中心として活躍してきた Ukraine Danil “Dendi” Ishutin 選手を2018-2019年シーズンに起用しない方針を明らかにしました。

『Natus Vincere』Dota 2部門が新ラインナップを発表、8年間チームに所属のスター選手Dendiは選ばれず

Dendi選手は新シーズンに合わせて移籍はせず、チームに所属したままスタンドイン加入などで活動してきましたが、今回 Malaysia Tigers にレンタル移籍。2019年2月よりスタートするメジャー大会予選『DreamLeague Season 11』の東南アジア部門に出場予定です。Tigersにはマレーシアのレジェンド Malaysia Chai “Mushi” Yee Fung 選手や、Canada David “Moonmeander” Tan 選手、Canada Sivatheeban “1437” Sivanathapillaiといった世界大会出場クラスの選手が所属しています。

Tigers

  • Malaysia Chai “Mushi” Yee Fung
  • Ukraine Danil “Dendi” Ishutin
  • Canada David “Moonmeander” Tan
  • Indonesia Kenny “Xepher” Deo
  • Canada Sivatheeban “1437” Sivanathapillai

最初、この画像が加工したようにしか見えなくネタかと思っていたのですが、Dendi選手が所属するNatus Vincereのサイトでも発表され事実と確認しました。

情報元

ゲーム紹介