『Yoshimoto DeToNator』がDota 2メジャー大会『DreamLeague Season 11』の東南アジア部門クローズド予選に進出

日本のプロゲームチーム Japan DeToNator と Japan 吉本興業が東南アジアで展開するDota 2プロチーム Philippines Yoshimoto DeToNatorが、『DreamLeague Season 11』の東南アジア部門クローズド予選に進出しました。

DreamLeague Season 11

『DreamLeague Season 11』は、賞金総額100万ドル、総プロサーキットポイント15,000をかけて2019年3月にスウェーデンで開催される「Dota Pro Circuit」のメジャー大会です。

大会には、6エリアの予選を勝ち抜いた16チームが出場。
Philippines Yoshimoto DeToNatorは東南アジアエリアで実施されたオープン予選を勝ち抜き、エリア代表を決定するクローズド予選に進出。

こちらには、招待4チーム、予選通過4チームを合わせた8チームが出場し、最終結果の上位2チームが本戦に進出となります。

出場チーム

招待

  • World Fnatic – MP, Abed, iceiceice, DJ, Jabz
  • Philippines TNC Predator – Gabbi, Armel, Kuku, Tims, ninjaboogie
  • Indonesia BOOM ID – Dreamocel, Mikoto, Fbz, Jhocam, Khezcute
  • World Mineski – Moon, kpii, Febby, pieliedie

予選通過

  • Indonesia PG.Barracx – Ifr1t!, Azur4, Francoeur, Huppey, Spaceman
  • Malaysia Lotac – Raven, ChYuan, Ohaiyo, Skemberlu, YamateH
  • Malaysia WarriorsGaming.Unity – Nikobaby, NothingToSay, Velo, FelixCiaoBa, KaNG
  • Philippines Yoshimoto DeToNator – Bimbo, Benhur, Sam H, RR, Flysolo

Philippines Yoshimoto DeToNatorはオープン予選 #2の1回戦で、先日 Ukraine Dendi 選手が移籍したことで注目される Malaysia Tigers と対戦し勝利しています。

東南アジアクローズド予選は、2月1日~3日に共グループステージ、プレーオフ形式で行なわれる予定です。

情報元

ゲーム紹介