日本「野良連合」世界大会『Six Invitational 2019』でグループステージを突破しプレーオフに進出、2/16(土)0時より準々決勝で「Fnatic」と対戦

カナダで開催されているPC版『Tom Clancy’s Rainbow Six Siege』の世界大会『Six Invitational 2019』にて、日本の Japan 野良連合 がグループステージDを2位で通過しプレーオフ進出を果たしました。

Six Invitational 2019

『Six Invitational 2019』には、『Six Major Paris』王者、『Pro League Season 8』出場チーム、『DreamHack Winter』王者、エリア予選通過チームなど計16チームが出場。日本は『Pro League Season 8』に参加していたことで今回の出場権を獲ています。

グループステージは4チーム×4グルーブに別れてのダブルエリミネーション方式トーナメントで実施し、各グループの上位2チームがプレーオフに進出となります。

Japan 野良連合は、予選グループDを United States Evil Geniusesに次ぐ2位で通過しプレーオフに進出となりました。

「野良連合」グループD試合結果

  • Opening Matche:Japan 野良連合 [2-1] Europe PENTA
  • Winners’ Match:Japan 野良連合 [0-2] United States Evil Geniuses
  • Decider Match:Japan 野良連合 [2-1] Europe PENTA

プレーオフ スケジュール (日本時間)

オープニングセレモニー

  • 2月15日(金)23:30

準々決勝

  • 2/16(土)00:00~ Australia Fnatic [vs] Japan 野良連合
  • 2/16(土)03:00~ Russia Team Empire [vs] Brazil Team Liquid
  • 2/16(土)06:30~ Europe G2 Esports [vs] United States Spacestation Gaming
  • 2/16(土)10:00~ United States Evil Geniuses [vs] United States Team Reciprocity

プレーオフはシングルエリミネーション方式で実施され、決勝戦はBest of 5、それ以外はBest of 3形式で実施されます。

Japan 野良連合は『Pro League Season 8 – Finals』でのベスト4という記録を超えるために、まずはアジアパシフィックリージョンのライバル Australia Fnatic 戦の勝利を目指すことになります。

試合のストリーミング配信は、下記で実施予定です。

野良連合がチームのムードを高めるために行なう「Nora Dance」がブームに?

Japan 野良連合はラウンド獲得時に独特のパフォーマンスを行なっています。今回は「Nora Dance」の名称と共に公式もこの動きを面白おかしく紹介している他、他チームも負けじとラウンド取得時にパフォーマンスする姿が見られこのような動きが一時的な流行となっています。

実際のところ、このパフォーマンスを煽り行為と認識する人もいて賛否両論が見られます。野良連合代表の Japan kizoku氏は「オフライン大会ではリラックスした雰囲気が非常に大切」ということを以前SNSで説明されており、煽りではなくチームの雰囲気作りを目的として実施されているアクションということになります。

情報元