eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

日本「野良連合」世界大会『Six Invitational 2019』最終結果はベスト4、賞金16万ドル(約1,768万円)獲得、優勝は「G2 Esports」

カナダで開催されたPC版『Tom Clancy’s Rainbow Six Siege』の世界大会『Six Invitational 2019』にて、日本の Japan 野良連合 はベスト4という結果で終了となりました。

Six Invitational 2019

『Six Invitational 2019』には、『Six Major Paris』王者、『Pro League Season 8』出場チーム、『DreamHack Winter』王者、エリア予選通過チームなど計16チームが出場。

Japan 野良連合はグループDを2位で通過し、プレーオフ準決勝でアジアパシフィックリージョンのライバル Australia Fnaticを2-0で下し準決勝に進出。『Pro League Season 8 – Finals』の世界ベスト4の記録更新、さらには世界一を目指して Russia Team Empire との対戦に挑みましたが、惜しくも 1-2 で敗北となりました。

準決勝

関係者によると、この試合の日本における同時視聴者数は65,000を超えたそうです。

esportsのベテランジャーナリスト・コンサルタントのUnited States Slasherこと United States Rod Breslau氏は「野良連合がSix Invitationalでトーナメントを駆け上がり魅せたのは日本PC Esportsプレーヤー史上最高のパフォーマンスの一つで、日本PC Esportsここにありを見せつけた。すばらしい。」とコメントしていました。

決勝

  • Europe G2 Esports [3-0] Russia Team Empire

順位

  • 1位:Europe G2 Esports – $800,000
  • 2位:Russia Team Empire – $320,000
  • 3-4位:Japan 野良連合 – $160,000
  • 3-4位:United States Team Reciprocity – $160,000
  • 5-8位:Australia Fnatic – $80,000
  • 5-8位:Brazil Team Liquid – $80,000
  • 5-8位:United States Spacestation Gaming – $80,000
  • 5-8位:United States Evil Geniuses – $80,000
  • 9-12位:Brazil FaZe Clan – $40,000
  • 9-12位:Brazil Immortals – $40,000
  • 9-12位:Germany Mock-it Esports – $40,000
  • 9-12位:Europe PENTA – $40,000
  • 13-16位:Brazil Ninjas in Pyjamas – $20,000
  • 13-16位:United States Rogue – $20,000
  • 13-16位:Korea mantis FPS – $20,000
  • 13-16位:Europe LeStream Esport – $20,000

優勝のEurope G2 Esportsは$800,000(約8,844万円, $1=110.56円)を獲得。
ベスト4となった Japan 野良連合は$160,000(約1,768万円)の賞金を獲得しました。
これは日本FPSチームにおける歴代最多獲得賞金額になるのではないでしょうか。

また、決勝戦の前に実施されたオールスターゲームには、Japan 野良連合の Japan Wokka選手、コーチとしてオーナーの Japan Kizoku氏が選出されていました。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/