日本「野良連合」世界大会『Six Invitational 2019』最終結果はベスト4、賞金16万ドル(約1,768万円)獲得、優勝は「G2 Esports」

カナダで開催されたPC版『Tom Clancy’s Rainbow Six Siege』の世界大会『Six Invitational 2019』にて、日本の Japan 野良連合 はベスト4という結果で終了となりました。

Six Invitational 2019

『Six Invitational 2019』には、『Six Major Paris』王者、『Pro League Season 8』出場チーム、『DreamHack Winter』王者、エリア予選通過チームなど計16チームが出場。

Japan 野良連合はグループDを2位で通過し、プレーオフ準決勝でアジアパシフィックリージョンのライバル Australia Fnaticを2-0で下し準決勝に進出。『Pro League Season 8 – Finals』の世界ベスト4の記録更新、さらには世界一を目指して Russia Team Empire との対戦に挑みましたが、惜しくも 1-2 で敗北となりました。

準決勝

関係者によると、この試合の日本における同時視聴者数は65,000を超えたそうです。

esportsのベテランジャーナリスト・コンサルタントのUnited States Slasherこと United States Rod Breslau氏は「野良連合がSix Invitationalでトーナメントを駆け上がり魅せたのは日本PC Esportsプレーヤー史上最高のパフォーマンスの一つで、日本PC Esportsここにありを見せつけた。すばらしい。」とコメントしていました。

決勝

  • Europe G2 Esports [3-0] Russia Team Empire

順位

  • 1位:Europe G2 Esports – $800,000
  • 2位:Russia Team Empire – $320,000
  • 3-4位:Japan 野良連合 – $160,000
  • 3-4位:United States Team Reciprocity – $160,000
  • 5-8位:Australia Fnatic – $80,000
  • 5-8位:Brazil Team Liquid – $80,000
  • 5-8位:United States Spacestation Gaming – $80,000
  • 5-8位:United States Evil Geniuses – $80,000
  • 9-12位:Brazil FaZe Clan – $40,000
  • 9-12位:Brazil Immortals – $40,000
  • 9-12位:Germany Mock-it Esports – $40,000
  • 9-12位:Europe PENTA – $40,000
  • 13-16位:Brazil Ninjas in Pyjamas – $20,000
  • 13-16位:United States Rogue – $20,000
  • 13-16位:Korea mantis FPS – $20,000
  • 13-16位:Europe LeStream Esport – $20,000

優勝のEurope G2 Esportsは$800,000(約8,844万円, $1=110.56円)を獲得。
ベスト4となった Japan 野良連合は$160,000(約1,768万円)の賞金を獲得しました。
これは日本FPSチームにおける歴代最多獲得賞金額になるのではないでしょうか。

また、決勝戦の前に実施されたオールスターゲームには、Japan 野良連合の Japan Wokka選手、コーチとしてオーナーの Japan Kizoku氏が選出されていました。

情報元