『LJL 2019 Spring Split FINAL』でDetonatioN FocusMeが優勝、圧倒的強さと逆境を跳ね返す底力を見せる

DSC_1672

日本プロリーグ『League of Legends Japan League』のシーズン王者を決定する『LJL 2019 Spring Split FINAL』で Japan DetonatioN FocusMeが Japan Unsold Stuff Gamingを3-0で下し優勝となりました。

『LJL 2019 Spring Split FINAL』でDetonatioN FocusMeが優勝

『LJL 2019 Spring Split FINAL』はレギュラーシーズン1位通過のJapan DetonatioN FocusMe と、準決勝で Japan Crest Gaming Actに勝利した Japan Unsold Stuff Gaming の組み合わせで、東京・渋谷のよしもと∞ホールで行なわれました。

DSC_1552
DetonatioN FocusMe:Evi, Steal, Ceros, Yutapon, Gaeng
DSC_1543
Unsold Stuff Gaming:apaMEN, Tussle, Dasher, Keymaker, Enty

この試合は、これまで戦ってきたシーズン王者の座と、世界大会『Mid-Season Invitational』の出場権を得られるという非常に重要な戦いとなります。

愛するチームを現地で応援しようと、ファイナルの観戦チケットは即座に完売。当日は200人を超える観客が来場し、立ち見が出るほどの盛況となりました。

DSC_1574
満員となった試合会場

王者DFM、圧倒的強さと逆境を跳ね返す底力を見せてけての勝利

DSC_1607

ファイナルは先に3ゲームを獲得した方が勝利となるBest of 5形式で対戦。

レギュラーシーズンのプレー内容から下馬評で高い評価を得る Japan DetonatioN FocusMe は、1試合目で Japan Unsold Stuff Gaming にタワーを1本も破壊させないパーフェクトゲームとも言える試合運びを披露。さらに、2試合目でもタワーを1本しか渡さず一気に優勝へ王手をかけました。

DSC00244
TOP担当Evi選手のプレーが光った印象。DFMはチームとしての連携も素晴らしかった。

3試合目、Japan Unsold Stuff Gaming はこれまでと異なるゲームプランを選択。

DSC00340

DSC00359

Enty選手が高い機動力を持つチャンピオンPykeを担当しマップの情報を得ながら少人数戦をしかける形で優位な展開を作り試合の流れをコントロール。複数のチームファイトでも勝利した他、育ったapaMen選手のGnarの存在感がすさまじくこのゲームは Japan Unsold Stuff Gaming が獲得しそうという空気感でした。

DSC00364
LJLで長いキャリアを誇るEnty選手のPykeが活躍
DSC00277
LJL最長出場記録を持つapaMen選手が凄まじい存在感をみせた

しかし Japan DetonatioN FocusMe には試合をあきらめた様子は無く勝利に向けたプレーを継続。ラストの壮絶なチームファイト Japan DetonatioN FocusMe が制し、3-0でチャンピオンの座を獲得しました。

以下は会場で撮影した観客の大歓声入り映像。

DSC00384
検討を称え合う選手達
DSC00402
シーズン王者の座と世界大会の出場件を獲得

試合結果

DSC00454

最終順位

  • 1位:Japan DetonatioN FocusMe
  • 2位:Japan Unsold Stuff Gaming
  • 3位:Japan Crest Gaming Act
  • 4位:Japan Sengoku Gaming
  • 5位:Japan Burning Core
  • 6位:Japan V3 Esports
  • 7位:Japan Rascal Jester
  • 8位:Japan AXIZ
DSC_1665
優勝したDetonatioN FocusMe
DSC00442
Kazuコーチにもトロフィーを持つように促すメンバーたち

応援グッズの持ち込み、コール、大歓声など開幕戦より進化したLJLの観戦環境

今回、会場でのLJL観戦は開幕戦以来となりました。開幕戦は新たな会場、有料チケット制となってから最初の試合ということもあり、ファンが自由気ままに応援するという空気感はまだありませんでした。

レギュラーシーズンを経てファンの応援力がかなりパワーアップし、今回は来場者が様々な工夫をして選手やチームたちに声援を送っていたのが印象的でした。

DSC_1594
今回、一番目立っていた電飾入りの応援アイテム。なんと自作されたものとのこと。
DSC_1601
ファンが作成したUSG応援バナー。さらに、iPadで「ユーエスジーウィン」の文字が再生されていました。
DSC00286
チームのユニフォームを着用して応援
試合前のチームコール

また、以前あると良いなと思っていた会場でのグッズ販売も行なわれるようになっていました。

DSC_1528

試合後にはファンミーティングも実施。こちらレギュラーシーズンを通して行なわれていたこともあり、選手たちもかなり慣れた様子でファンサービスしていました。

DSC_1679-2

DSC_1696-2

DSC00521

『LJL 2019 Summer Split』ではさらにどのような進化を遂げるのか非常に楽しみです。

関連記事

「日本でもこんな風にesports観戦出来たら」が実現したLoL日本プロリーグ『LJL 2019 Spring Split』開幕

参考