LoL世界大会『2019 Mid-Season Invitational』プレイインステージの組み合わせ決定、日本DFMはタイMEGA、ブラジルINTZ、ロシアVegaと同グループに

2019年5月1日に開幕となるLeague of Legends世界大会『2019 Mid-Season Invitational』プレイインステージの組み合わせが決定しました。

2019 Mid-Season Invitational

『2019 Mid-Season Invitational』は、League of Legendsのプロリーグが開催される全13地域の代表チームが出場し、下記の日程で開催されます。

スケジュール

  • プレイインステージ:2019年5月1~4日(ラウンド1)、5~7日(ラウンド2) [ベトナム・ホーチミン]
  • グループステージ:2019年5月10~1日 [ベトナム・ハノイ]
  • ノックアウトステージ: 5月17~19日 [台湾・台北]

プレイインステージ

4月23日にプレイインステージの組み合わせが発表され、ラウンド1は下記の組み合わせとなりました。

Group A

  • Turkey 1907 Fenerbahçe
  • Viet Nam Phong Vũ Buffalo
  • Chile Isurus Gaming
  • Australia Bombers

Group B

  • Thailand MEGA
  • Russia Vega Squadron
  • Brazil INTZ e-Sports
  • Japan DetonatioN FocusMe

ラウンド1の1位チームがラウンド2に進出し、United States Team Liquid または Taiwan Flash Wolves と対戦。勝利した2チームと、敗北したチーム同士の対戦で勝った方を含めた3チームが「グループステージ」に進出となります。

Japan DetonatioN FocusMeが対戦することになるThailand MEGAは、『LST 2019 Spring』タイ予選の決勝にてJapan DeToNatorが台湾で展開するLeague of Legends部門を下し優勝。その後、本戦も勝ち抜き東南アジア代表となったチームです。

Japan DetonatioN FocusMeのKazuコーチは、『LJL 2019 Spring Split FINAL』優勝後のインタビューで「アグレッシブなDFMを見せたい」と自分達のチームらしいプレーをして世界に挑むことをコメントしていました。

DSC_1672
LJL代表として戦いに挑むDetonatioN FocusMe

関連記事

『LJL 2019 Spring Split FINAL』でDetonatioN FocusMeが優勝、圧倒的強さと逆境を跳ね返す底力を見せる

情報元