プロチーム『Fnatic』が1,900万ドル(約21億円)の資金調達を発表、アジア・北米展開や『Fnatic Gear』新製品展開を促進、創設者がCEOに復帰

プロチーム『Fnatic』が1,900万ドル(約21億円)の資金調達を発表しています。

プロチーム『Fnatic』が1,900万ドルの資金調達を発表

今回チームに投資を行なったのは、ロシアのSNS「VK.com」創業者 Russia Lev Leviev氏の「LVL1 Group」とのこと。

Fnaticは、新たに獲得した約21億円の資金を元に下記のような展開を計画しています。

  • アジアや北米エリアにおける展開の継続促進
  • 『League of Legends European Championship』を含む「ティア1」リーグへの関与強化
  • 将来を見越したグローバルブランドとの提携
  • チームのゲーミングデバイスブランド『Fnatic Gear』にオーディオを含めた新製品カテゴリを追加

また、これまでCEOを務めていたNick Fry氏(元Mercedes AMG F1のCEO)が会長兼COOとなり、チームの創設者Sam Mathews 氏がCEOに復帰、Glen Calvert氏(アドテク企業Affectv創設者)がCOOに就任することも発表されました。

新体制となったFnaticの今後の展開に注目です。

関連記事

プロゲームチーム『Fnatic』が700万ドル(7.7億円)の資金調達を発表、プロサッカーチーム「ASローマ」オーナーや、伊藤穰一氏などが投資

情報元