プロゲーミングチーム『Natus Vincere』がCS:GOプロ選手としての所属契約をかけたセレクション合宿「NAVI Esports Camp」を開催

Ukraine Natus Vincereが、CS:GOプロ選手としての所属契約をかけたセレクション合宿「NAVI Esports Camp」を開催すると発表しました。

セレクション合宿「NAVI Esports Camp」

チームのeスポーツディレクター・ Andrey “B1ad3” Gorodenskiy氏の説明によると、「NAVI Esports Camp」は、ロシア・キエフにて6月から約2ヶ月半をかけて実施されます。
条件を満たせば誰でも応募可能で、まずはオンライントライアルを実施。その中から選出された10名がキャンプに参加可能となります。

応募条件

  • 年齢制限:16~19歳
  • Faceit Rankが10に到達していること
  • ロシア・キエフにセレクション期間中滞在可能である事
  • ロシア語の知識があること
  • プロジェクトに自分が参加すべきである理由を30~60秒のムービーでPRすること

参加が認められた後は、元HellRaisersのコーチ Ukraine Amiran “ami” Rekhviashvili氏指導する特別なトレーニングプログラムに2ヶ月半参加。メンタルトレーナー、フィットレストレーナー、栄養士なども加わる本格的なものになるそうで、優秀な5名は「NAVI Junior」のメンバーとしてプロ契約する権利を得ることが出来ます。

このようなセレクション方式の才能発掘は、Sweden Fnaticがリアリティショー『GAMERZ』と提携して実施し、Sweden Fnatic Academyを発足させていました。

しかし、CS:GOで複数チームのオーナーシップを持つことが禁止というルールが制定され、2018年10月にはチーム解散となっていました。Ukraine Natus Vincereの本プロジェクトは、このあたりについてどのような回答を持っているのか気になるところです。

関連記事

『Fnatic』がCS:GOのアカデミーチームを解散、Valveの複数オーナーシップルールに対応

CS:GOのリアリティショー『GAMERZ』でレッドチームが勝利、Fnatic Academyプログラムの参加権を獲得

CS:GOのリアリティショー『GAMERZ』でJW選手(Fnatic)の弟を含むブルーチームが勝利し、半年間のプロゲーマー契約を獲得

情報元

ゲーム紹介