『PUBG Japan Series Season 3 Phase1 Grade1』見どころ紹介、タイトルの垣根を越えてあのライバル選手たちが再び激突

2019年6月1日(土)にスタートする『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』日本公式esportsリーグ『PUBG Japan Series Season 3 Phase1 Grade1』の個人的な見どころストーリーを紹介します。

PUBG Japan Series Season 3 Phase1 Grade1

2019年4月、『PUBG JAPAN SERIES Season2 Phase2 Grade1 Day6』の試合会場にて Japan DetonatioN Gamingの Japan Melofovia 選手が自分に気付いて声をかけてくれました。

Melofovia「Yossyさんおつかれさまです。昨日のGrade 2、Galacticが勝ち上がって良かったですね。個人的にもうれしく思っています。」

試合の前日、「Grade 1」の昇格をかけた「Grade 2」の最終戦が行なわれ、新たに4チームが「Season 3 Phase1 Grade1」が参戦することになりました。そのうちの1チームが Japan Galactic です。

『PJSseason2 Phase2 Grade2』終了、「DetonatioN Gaming Black」「Galactic」「All Rejection Gaming」「Lag HighVoltage」が昇格決定

Japan Melofovia 選手が自分との会話で Japan Galactic に言及してくれた理由は主に2つで、自分がTwitterで Japan Galacticを応援する投稿をしていたのを目にしてくれていたであろうというのが1点。もう一つは、Japan Galactic には Japan Melofovia 選手にとって旧来の仲間・ライバルであるメンバーが所属しているためだと思われます。

Japan Galacticは、 Japan DeToNatorのAVA部門から独立する形で結成されたチームです。Japan DeToNatorは日本でのPUBG部門設立を目指していましたが、韓国チームを所有し『PUBG KOREA League』に参戦していることから、リージョンをまたいで公式大会に出場するチームを複数保有してはならないというルールに抵触するためプランを断念していました。

『DeToNator』日本PUBG部門としての活動を目指していたメンバーが姉妹チーム『Galactic』の名前と共に独立、公式ルール変更に伴い決断

Japan DeToNator AVA部門のリーダーを務めていた Japan するがモンキー選手は、『PJS』に参戦するため Japan DeToNatorの姉妹チーム Japan Galacticの名称使用許可を得て独立。オープン方式の「PaR(入れ替え戦)」「Grade 2」を経て、ついに「Grade 1」昇格を決めました。

Yossy「DNG Black も1位通過しましたし、ものすごい展開でしたね。個人的には、やはりAVAでずっと見てきたMelofoviaさんとモンキーさんがPUBGで対決するが楽しみです。これまで何度も決勝で対決してきましたよね。GalacticのメンバーもPUBGやBLACK SQUADで一緒にやってきた世代の人たちですよね」

Melofovia「そうですね。AVAの時、モンキーたちにやられてしまうことが多かったので、PUBGでは勝ちたいですよ。myyqawng(ミカン)はAVA時代のチームメイトですし、モンキーもAVAの初期に同じチームだったので長い付き合いで、PUBGの挑戦も応援していました。シーズン3で対戦するのが楽しみですね。」

今回この紹介を書くにあたり、モンキー選手にMelofovia選手が上記のような発言をされていたことを聞いてどう思うかを質問してみました。

するがモンキー「Melofovia選手とは昔AVAで同じチームメイトとして戦った経験もあり、オフライン大会の決勝戦などで何度も敵として戦った経験もあるので自分の中では良き友であり良きライバルでもあります。

そんな彼がAVAから土俵を移して先にPUBGの競技シーンで活躍していたのを見て、羨ましくもあり、自分がPUBGをする事になったらまた同じ舞台で戦いたいという目標にもなり、良い刺激になっていました。今回僕達はGrade1に上がる事ができたのでまたAVAの時のような熱い試合がしたいですね。

あと個人的にLagHighVoltageのMUSHAMARU選手、DetonatioN Gaming WhiteのGokuri選手、SCARZのFa6ye選手、同じくSCARZのharubou選手もAVAの競技シーンで活躍していた選手なので勝手にライバル意識してます(笑)

大会では、今まで積み重ねてきた練習や、日頃から応援していただいている多くの方々の事を忘れずに、今自分達にできることを精一杯頑張りたいと思いますので応援よろしくお願いします!」

サッカーのトップ選手たちが、例えば野球に転向して再びトッププレーヤーとして対決するということはほぼないと思いますが、esportsであれば今回のようなタイトルの垣根を越えた夢の対戦が実現することもあります。これは「esports」の魅力の1つといえるのではないでしょうか。

今回紹介したのは自分にとってのストーリーですが、「Grade 1」だけで64名もの選手が出場する『PJS』には選手の数だけドラマが存在します。『PJS』を観戦する過程で、それぞれが選手達の魅力を見つけていただけたらと思います。

「Grade 2」は明日5/31(金)18:15、「Grade 1」は6/1(土)17:00より配信スタートとなります。

配信URL

参考

ゲーム紹介