CS:GO『ECS Season 7 Finals』で準優勝と躍進のFURIA Esports、選手と5年間の契約延長を発表

Brazil FURIA Esportsが、CS:GO部門の選手達と新たに5年間の契約を締結したと発表しました。

FURIA Esports、CS:GO部門の選手と5年間の契約延長を発表

Brazil FURIA Esportsは『DreamHack Open Rio de Janeiro 2019』準優勝、『DreamHack Masters Dallas 2019』ベスト4、そして2019年6月にイギリスで開催された『ECS Season 7 Finals』にて、Denmark Astralis や Denmark North といったデンマーク勢に勝利した他、決勝では France Team Vitalityに敗れたものの準優勝と立て続けに好成績を残し一気に注目を集めるようになったチームです。

CS:GO『ECS Season 7 Finals』優勝はTeam Vitality、FURIAが大躍進の準優勝、Astralisはまさかのグループステージ敗退に

チームは、そのCS:GO部門選手達との契約更新について、以下のように発表しました。

「CS:GOチームとさらに5年間の契約更新を行なったことを発表いたします。この数ヶ月で様々なオファーをいただきましたが、全てお断りし自分達で取り組んでいくことにしました。家族はこれからも一緒です。」

FURIA Esports CS:GO

  • Brazil Yuri “yuurih” Gomes (19歳)
  • Brazil Andrei “arT” Piovezan (23歳)
  • Brazil Vinicius “VINI” Figueiredo (20歳)
  • Brazil Kaike “KSCERATO” Cerato (19歳)
  • Brazil Rinaldo “ableJ” Moda (20歳)
  • Brazil Nicholas “guerri” Nogueira (Coach, 29歳)

チームの選手平均年齢は「20.2歳」となります。

Brazil FURIA Esports は『ESL CS:GO World Ranking』で世界12位、『HLTV CS:GO Ranking』では世界5位となっており、こちらでは10位のBrazil MIBRを超えるブラジル1位のチームという評価になります。

このような現状実績に加えて、若い選手達がこれからさらに伸びていくことに対する期待と投資ということでの「5年契約」という判断でしょうか。

2016年には Poland Virtus.pro が4年間の長期契約を発表しましたが、最終的には途中でメンバー変更が行なわれたという事例もあり、絶対的な保証がある契約というわけではない可能性もあります。

プロゲームチームVirtus.proがCS:GO部門メンバーと2020年までの複数年契約を締結

情報元

ゲーム紹介