『荒野Championship-元年の戦い』で人気No.1の「ちーむえーけー!!」が優勝、会場観戦で体感した新たな世代の「esports」

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC09078

バトルロワイヤルゲーム『荒野行動』の王者を決定する『荒野Championship-元年の戦い 荒野王者決定戦』で、 Japan ちーむえーけー!! が優勝となりました。

荒野Championship-元年の戦い

『荒野Championship-元年の戦い』は『荒野行動』のeスポーツ正式参入、国内最大規模を目指す大会として実施されました。

オンライン予選、オフライン予選を経て、東日本・西日本の代表20チームが2019年8月12日(月・祝)に「ベルサール高田馬場」で開催された決勝大会に出場。

この会場で見た光景に、とてつもなく驚かされました。

PCゲームのesports大会とは大きく異なる客層

まず一番驚いたのは、来場する客層の中心が10代後半~20代前半くらいくらい、下は小学生の方もいたりと非常に若く女性の割合も高かったこと。

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC_6711
会場を埋め尽くす観客

さらに、見た目で判断するのも失礼かもしれませんがゲーマーという印象を受けないヤンチャっぽいお兄さんやセクシーな服装のお姉さんなども多く、アプリランキングの上位に入る人気スマートフォンゲームが持つプレーヤー層の幅広さと、その数に圧倒されました。

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC_6732
印象として8~9割くらいが10代前後の若者という衝撃

試合が始まるまでの空いた時間はスマートフォンやタブレットで男女ともに『荒野行動』を自然とプレーしており、これもモバイルゲームのファンらしい行動で非常に面白いと思わされた点です。

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC08381

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC08391

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC08389

取材させていただきながら「レポートを書いてもこのお客さん達に読んでもらう術が全く無さそうだ」と思わされるくらいに、自分がこれまで見てきたPCゲームのeスポーツファンとは異なる客層でした。

他にも色々と書きたいことがあるのですが、まずは試合と結果について先に紹介していきます。

人気No.1「ちーむえーけー!!」が実力を見せつけ優勝

『荒野Championship-元年の戦い』には20チーム・100名(1チーム5名)が出場し、全5ラウンドで対戦を実施。各ラウンドの入賞順位とキルポイントによる総合得点で最終順位が競われました。

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC08735
マップ、キルポイント。※2位は実際の計算だと30ポイントになっていたと思います

本大会の主人公となったのは、事前の紹介ムービーでフィーチャーされ、さらにユーザー投票で最多人気チームに選ばれた Japan ちーむえーけー!!。

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC08946
ユーザー投票で最人気チームに選ばれたちーむえーけー!!

ラウンド1、2は不調ながらもラウンド3で1位、ラウンド4で2位を獲得。さらに大量キルによるポイントも追加し、最終ラウンド前で50ポイントの大幅リード。

最終ラウンドを前に50ポイントリードの「ちーむえーけー!!」。他のチームは1位と大量キルポイント獲得が優勝条件という厳しい展開に

5ラウンド目は序盤ピンチに合いながらも生き延び、Japan AK_ななちむ選手、Japan AK_Masα選手のスーパープレー(動画)で10位獲得と大量キルでさらにポイントを追加。見事に優勝となりました。

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC09273
優勝:ちーむえーけー!!
20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC09204
準優勝:Risky
20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC09173
3位:DgGZWEI ※後に失格処分が下されました
20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC09141
最多キル賞となるキルマシーン賞は同ポイントで3人が受賞

各ラウンドを制したチームのプレー、実況と観客の熱狂が伝わる会場の様子を動画にまとめましたのでぜひご覧ください。

国内最大級のeスポーツ大会『RAGE』が培ってきたノウハウを活かした大会運営

本大会は、日本最大規模のeスポーツ大会『RAGE』を展開するCyberZ社が中心となり運営を担当。これまでに『RAGE』で培ってきた、選手を輝かせ来場者を楽しませるノウハウを活用していました。

出場選手には全員にユニフォームを提供し見映えを統一。

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC08623
チーム対戦なので、やはり統一感がある服装だと格好良さが段違い。

入場時は「ゲーミング腕組み」と「決めのワンポーズ」をセットにした演出が行なわれていました。ステージに上がると恥ずかしくて下を向いてしまう、というのはオフライン大会にありがちですが、全チームが照れる事無く「ビシッ」と決めていたのがとても印象的でした。

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC08621
各チームがポージングを披露
20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC08526
とんでもないフォーメーションが出ていますよいま!

『RAGE』と言えば「煽りV」が個人的なお気に入りポイント。

出場する選手やチームの魅力や見どころをわかりやすく共通認識化して、観戦する前にストーリーを共有させるための手法と言えます。

その「煽りV」ですが、今回は煽りすぎではと思うくらいの強烈な仕上りで、「eスポーツはスポーツなのだからスポーツマンシップに乗っ取ってプレーするべき~」と主張するような人が激怒するのではないかと思われるレベルでした。

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC08336

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC08338

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC08343

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC08355

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC08349

補足しておきますと、このあたりはもちろん演出なので試合中に煽り合うようなことは無くみなさん真剣にプレーしていました。各選手の姿勢について、しっかりと掘り下げているパートもあります。

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC_6656

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC_6653

また、来場したファンやあまり詳しくない人にも訴求するコンテンツを多数用意するのも『RAGE』ならでは。

記念撮影、メッセージウォール、さらに各ブースをまわって参加するスタンプラリーでプレゼントがもらえる企画、競技端末である「Xperia 1」で試遊したり、出場チームのタトゥシールを提供して応援に力を入れる仕掛けなど、かなりの企画が用意されていました。

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC_6612
記念撮影コーナー
20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC_6680
選手への応援メッセージを書き込むサインウォール
20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC_6662
来場者が次々にメッセージを書き込んでいたのが印象的
20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC_6633
指定のハッシュタグを付けて写真を投稿するコーナー(だったはず)
20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC_6765
荒野パラシュートゲーム
20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC_6637
指定された輪の中にパラシュートを落下させる
20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC_6632
いまではオフラインイベントの定番となった「リアルガチャ」
20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC_6629
スタンプラリーに参加してプレゼントをゲット。
20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC_6614
競技端末「Xperia 1」の試遊コーナー
20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC_6616
「Xperia 1」で荒野行動をプレーする来場者
20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC_6675
こちらが実際に各選手が競技で使用していた「Xperia 1」
20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC08397
ヘッドセットは「ASTRO Gaming」製品を全員が使用

さらに、各試合の合間にもスペシャル企画を用意。
大会のオープニングでは、ブレイクダンスチーム「MORTAL COMBAT」が登場してド派手なパフォーマンスを披露。

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC08441

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC08444

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC08481

また、「荒野行動あるあるダンサーズ」による応援ダンス「荒野あるあるダンス」が会場を沸かせました。

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC08920

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC08928

ドランクドラゴン鈴木拓さん、荒野行動女子部、有名プレーヤーといったゲストが東西チームに別れての50vs50ゲームも実施。

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC09006

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC09008

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC09020

こちらが面白かったのは、ストリーミング配信の視聴者、会場の来場者も早い者勝ちで参加可能だった点。

ルーム番号とパスワードが発表されると、自前のデバイスに素早く入力しその場から参戦している様子はモバイルゲームならではで非常に新鮮な展開でした。

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC09017

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC09011

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC09013

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC09027

マップ内のサッカー場センターサークルに最速降下するのを競う「最強空挺兵決定戦」も実施。
マップ知識、降下タイミング、操作が問われる企画で、着地の瞬間を複数のカメラで撮影し判定する妙なこだわりが非常に面白い企画でした。

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC09058

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC09068

ちなみに、各試合はeスポーツ実況アナウンサーの柴田将平さん、荒野行動の人気実況者Bockyさんによる「荒野、行こうや!」のかけ声でスタート。個人的に、この手のダジャレ展開で最高に楽しくなってしまういい年になりました。

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC08798
「荒野、行こうや!」
20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC09062
「荒野、行こうや!」(数回目)

また、イベントのメインMCは百花繚乱さんが担当されていたのですが、臨機応変な対応と安定した進行力で流石といえる腕前でした。

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC09097
メインMCの百花繚乱さん、小説『バトル・ロワイアル』の作者で『荒野行動』のストーリー監修を担当する高見広春さん

まさに元年という内容だった『荒野Champiomship』、次なる展開は?

ご紹介してきたとおり、個人的にかなりの衝撃を受けた本大会。

これまでにも同じようなことがあったなと思ったのですが、それは『サドンアタック』や『スペシャルフォース』といった無料FPSのオフライン大会において、新たな世代のゲーマーたちによるeスポーツを目の当たりにした時がまさに同じような感覚でした。

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC08783
こういう感じも昔の無料FPS大会っぽい印象を受ける

『Quake3』『Counter-Strike』『Unreal Tournament』『StarCraft』といった2000年代前半のesports大会は99%くらいが男性というような状況でしたが、上記の無料FPSには女性の観客、さらにはプレーヤーの「女性ファン」が登場したことにかなり驚かされました。

無料FPSゲームは、ゲームの購入が必要な先のesportsタイトルとは比べ物にならなくらい多くのユーザーを獲得し、後にその中からプロゲーマーや人気ストリーマーとなる才能溢れるゲーマーを多数輩出しました。

PCとは異なり、いまではほとんどの人が持っているスマートフォンをプラットフォームとした人気タイトルの『荒野行動』は、それ以上に多くのゲーマーを競技ゲームの世界に引きつける可能性があると本大会を通じて強く感じさせられました。

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC_6767

賞金総額は2,500万円以上、出場9万チーム・50万プレーヤー以上、YouTube配信のアーカイブ視聴数は現時点で440万回以上を記録した『荒野Championship-元年の戦い』は、目標通り国内最大規模のeスポーツ大会となり、まさに「元年の戦い」のタイトルに相応しい大会になったと思います。

配信アーカイブ

正式なeスポーツ参入を果たした『荒野行動』、その次なる展開が気になるところ。

イベントのラストに『NetEase Game』の企画担当の方が登場し、今後についての発表が行なわれましたが、こちらはアップデートやイベントに関するもので、「eスポーツ」に関する展開についてはアナウンスがありませんでした。

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC09121

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC09127

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC09124

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC09154

次期大会の開催や今後のeスポーツ展開についての発表が無かったのは個人的に予想外で、「eスポーツの発表、行こうや!」と思わずにはいられませんでした。
こちらについては、今回の大盛況を経て改めての発表がある事に期待したいところです。

大会の写真は、以下からご覧ください。

https://www.flickr.com/photos/145661789@N02/albums/72157710265356122

記事の流れに入れられなかった要素

ちなみに、帰りの高田馬場駅では大会の広告がズラリと貼り出されていたことに気付きました。

また、モバイル端末を使ったプレースタイルが多種多様なのがかなり興味深かった点です。

20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC08957
良い姿勢でのプレー。
20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC08837
前のめりで端末に集中するようなスタイル
20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC08962
下の方でプレーするスタイル
20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC08958
手持ちではなく、デスクに端末を置くスタイル
20190812_Hisashi-Yoshimura_Kouya-Championship-2019_DSC08786
腕にデスクがぶつかったりするのが嫌なのか、横向きでプレーする選手が大半を占めていたのがものすごく興味深かった

関連記事

『荒野Championship-元年の戦い』で「DgGteamEINS」「DgGZWEI」が不正協力プレー、賞金・成績取り消しの失格処分に

参考