『WESG2019-2020』日本予選開催決定、『CS:GO』『Dota 2』が今回も予選対象タイトルに採用

世界大会『WESG(World Electronic Sports Games) 2019-2020』の日本予選開催に関する発表が行なわれました。

『WESG2019-2020』日本予選開催決定

こちらの情報は『WESG JAPAN』のTwitterにて発表されたもので、日本予選は下記4タイトルを対象とし、2019年12月にオンラインで実施されます。

日本予選競技ゲーム

  • Counter-Strike: Global Offensive
  • Dota 2
  • StarCraft II: Legacy of the Void
  • eFootball PES 2020

Dota 2大会『マラカップ』主催などで有名な Japan マラさんが、下記のようにツイートされており、Dota 2予選については12月7日(土)、8日(日)に開催される可能性が高そうです。

『WESG』はこれまで国別対抗戦として実施されてきましたが、今大会から規制が緩和され、5人対戦のゲームの場合、2名は海外選手を起用出来るというレギュレーションに変更されました。

『CS:GO』『Dota 2』共に、日本予選の優勝チームが2020年1月にマレーシアで開催予定のアジアパシフィックファイナルに進出。『CS:GO』は上位2チーム、『Dota 2』は上位3チームが本戦出場権を得ることが出来ます。

関連記事

世界大会『WESG2019-2020』の競技ゲームに『CS:GO』『Dota 2』『StarCraft II』『PES 2019』採用、出場選手の国籍制限を緩和

『WESG 2018-2019』CS:GO部門で「Absolute」が「Ignis」を2-0で下し優勝、世界大会への出場権を獲得

『WESG 2018-2019』Dota 2日本予選で元ぷろエンビーが優勝、東アジア予選の日本代表出場権と賞金2万ドル(約225万円)を獲得

情報元