レンタル移籍中のGolden選手、Fnatic CS:GO部門に正式加入

Cloud9のレンタル移籍として Sweden Fnatic CS:GO部門で活動していた Sweden Maikil “Golden” Kunda Selim 選手が、チームに正式加入したことが発表されました。

Golden選手、Fnatic CS:GO部門に正式加入

Sweden Golden選手は、2016年に設立された育成チーム Sweden Fnatic Academyを経て2017年に Sweden Fnaticのメインチームに昇格。2018年に United States Cloud9へ移籍し、心筋炎による戦線離脱などを経て、2019年9月からは Sweden Fnaticにレンタル移籍となっていました。

『Cloud9』CS:GO部門のGolden選手が心筋炎を克服しスタメン復帰、「最高のゲーマーとなるためにはゲームだけでなく自分の健康にも時間を使わなければならない」

Fnaticが若手育成を目的としたCS:GOのアカデミーチームを設立

FnaticのOlofmeisterがFaZe、dennisがGODSENTに移籍、アカデミーチームのGolden、Lekr0を加えて新体制に

Fnaticの公式Twitterによると、チーム内で何度も議論し、『DreamHack Masters Malmö 2019』優勝、ファイナル進出3回、セミファイナル進出4回の実績を残し、2019年のチームランキング3位となったことを評価して、United States Cloud9 から正式獲得に至ったとのことです。

United States Cloud9 は、2020年1月にアメリカおよび南アフリカの選手で構成される元ATKのメンバー達と契約し、新体制となっていました。

『Cloud9』がCS:GO部門の2020年ラインナップを発表、ATKのメンバーを獲得

Fnatic CS:GO

  • Sweden Freddy “KRIMZ” Johansson
  • Sweden Jesper “JW” Wecksell
  • Sweden Ludvig “Brollan” Brolin
  • Sweden Robin “flusha” Rönnquist
  • Sweden Maikil “Golden” Selim
  • Sweden Andreas “Samuelsson” Samuelsson (Coach)

関連記事

『Fnatic』CS:GO部門からXizt選手が脱退

情報元

ゲーム紹介