『GamerLegion』がCS:GO部門の再構築を決定、「dennis」「draken」「freddieb」との契約を終了

先日、Guxコーチの加入を発表した Sweden GamerLegion がCS:GO部門の再構築に関するアナウンスを行ないました。

Nicolas Reber氏のコメント(GamerLegion, CEO)

約1年ほど前、GamerLegionのCS:GOにおける冒険が始まりました。

振り返ってみると、トーナメントでの成功、多くのエキサイティングな試合、喜怒哀楽といった感情など様々な事がありました。

しかしながら、全てが期待通りに進んだわけではありません。一旦、リセットすることが必要であると考え、チームを解散させることを決めました。

Rasmus “Gux” Ståhlコーチと共に、Counter-Strikeにおけるチームの将来的な展開戦略を再考していきます。

所属選手達は新たな所属先を探していく事となりました。
dennis選手は、全てのロールをプレー可能で、ヨーロッパだけでなくアメリカリージョンでのプレーも希望するとの意思を表名しています。

draken選手は、チームとしての結果を出すには時間が短すぎたとの感想と共に、新たな所属先を見つけていくとの意思をツイートしています。

freddieb選手もフリーエージェント宣言のツイートを行なっていました。

関連記事

元Fnatic CS1.6部門メンバー「Gux」氏が『GamerLegion』のヘッドコーチに就任

情報元

ゲーム紹介