CS:GOメジャー大会『ESL One Rio 2020』の開催が2020年11月に延期、新型コロナウイルス感染拡大防止のため

CS:GOメジャー大会『ESL One Rio 2020』の開催が、2020年5月から11月に延期となりました。

『ESL One Rio 2020』の開催が2020年11月に延期

『ESL One Rio 2020』は、開発元のValveが公認するメジャー大会として2020年5月11日~24日にブラジル・リオデジャネイロで開催が予定されていました。

新型コロナウイルスによる来場者への健康問題発生を考慮し、2020年11月に開催を延期する事となりました。

ESL One Rio 2020 – Attendee Update

CS:GOファンの皆様へ

2020年5月に予定していたリオデジャネイロにおける CS:GO Majorの開催は、新型コロナウイルスに関連する世界的な健康問題を考慮し、11月19~22日に延期することを決定しました。5月に実施予定だったメジャー大会の賞金を、11月開催のメジャー大会に追加するため『ESL One Rio 2020』の賞金総額は200万ドルとなります(※元は100万ドル)。

トーナメントの開催会場は引き続きブラジルのJeunesse Arenaとなり、5月大会のために購入いただいたチケットは、11月大会でご利用いただけます。チケットを手放したいファンの方は、購入時に使用されたメールアドレスを元に、Eventbriteを通じて払い戻しを簡単にリクエストすることが可能です。もし問題が発生した場合には、csgo@eslgaming.com を通じてサポートチームにご連絡をお願いいたします。

出場チームの決定方法や5月のメジャーおよびマイナー大会のコンテンツについては、ESLとValveが共同で取り組みを進めていますので、最新情報をお待ちください。

『ESL One Rio 2020』は、引き続き『ESL Pro Tour』のチャンピオンシップグレードの大会であり、優勝は『Intel® Grand Slam』獲得の条件としてカウントされます。

今回の決定について、ご理解いただけますと幸いです。

関連記事

Dota 2メジャー大会『ESL One Los Angeles 2020』、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため開催延期に

情報元

ゲーム紹介