eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『CSPPA(Counter-Strikeプロ選手協会)』が新型コロナウイルスに関連し、選手の健康と安全を最優先するとの声明を発表

『Counter-Strike: Global Offensive』プロ選手の権利を守るために活動する『CSPPA(Counter-Strikeプロ選手協会)』が、新型コロナウイルスが蔓延する状況において、選手の健康と安全を最優先するとの声明を発表しました。

新型コロナウイルスとCS:GOプレーヤーの安全性について

CSPPAは、新型コロナウイルスが蔓延する現状の中でプレーすることについて、世界中から問い合わせを受けています。

プロCS:GOプレーヤーたちは、トーナメントへの出場、大勢の観客への露出、ファンとの交流、世界中を飛び回るといった生活をしており、この状況において非常にハイリスクな活動を行なっています。

CSPPAの最優先事項は、選手の健康と安全を確かなものとすることです。ESL、DreamHack、Flashpointといったトーナメントパートナー達と密接に協力し、大会参加や渡航に関連しての安全を保証します。この大変な時期に素晴らしい対応を行なってくれたESL、DreamHack、Flashpointに感謝します。CSPPAは全ての大会運営組織に連絡を取り、選手の安全、健康、コミュニケーション管理の支援について呼びかけていきます。

新型コロナウイルスが世界中、そしてCS:GOエコシステムに不便を掛けていることについて理解しておりますが、コミュニティ全体で責任ある行動を続け、選手、チーム、大会主催者の慎重な判断について尊重していただくようお願いいたします。

私たちプロCS:GOプレーヤー達は、この困難な時代に競技とエンターテインメントをみなさんへ継続的に提供できる事に興奮しています。ゲームサーバーにジョインし、みなさんの安全を確かなものととしてください!

関連記事

CS:GOメジャー大会『ESL One Rio 2020』の開催が2020年11月に延期、新型コロナウイルス感染拡大防止のため

CS:GO『Flashpoint』、新型コロナウイルス感染拡大防止のためオフラインからオンラインに移行、準備のため試合を一時的に延期

LANゲームパーティ『DreamHack Summer』と『DreamHack Dallas』が開催延期、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/