『OG』がDota 2『ESL One Los Angeles 2020』の出場メンバー発表、「Ceb」、元Allianceの「33」を起用

Europe OGが、2020年4月4日よりスタートするDota 2オンライン大会『ESL One Los Angeles 2020』EU・CIS部門の出場メンバーを発表しました。

『OG』がDota 2『ESL One Los Angeles 2020』の出場メンバー発表

『ESL One Los Angeles 2020』は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のためオフラインでの開催を中止し、オンラインリーグとして実施されます。

開催延期となっていたDota 2オフライン大会『ESL One Los Angeles 2020』と『ESL One Birmingham 2020』、新型コロナウイルス対策としてオンライン実施に変更

EU・CIS部門に出場となる『OG』ですが、新型コロナウイルスの影響により各国が入国・出国制限を行なっているため一部メンバーの参加が難しい状況とのこと。

これに伴い、2018・2019年の公式世界大会2連覇に貢献したOfflaneの France Ceb選手、先日Allianceを脱退した Israel 33選手が本大会に代理出場となります。

OG Dota 2 for ESL One Los Angeles 2020

  • Pakistan Sumail “SumaiL” Hassan
  • Israel Neta “33” Shapira (Finland Topsonの代理)
  • France Sébastien “Ceb” Debs (Malaysia MidOneの代理)
  • Macedonia Martin “Saksa” Sazdov
  • Denmark Johan “N0tail” Sundstein

Europe OG は4月4日(土)21時からの初戦でライバル Nigma(ex-Team Liquid)と対戦となります。

配信

関連記事

開催延期となっていたDota 2オフライン大会『ESL One Los Angeles 2020』と『ESL One Birmingham 2020』、新型コロナウイルス対策としてオンライン実施に変更

『Alliance』Dota 2部門から「Fata」と「33」が脱退、2013年世界王者獲得時のメンバー「s4」が加入

情報元

ゲーム紹介