日本CS:GOトップチーム『Ignis』が新設プロゲーミングチーム『BlackBird』に加入、元CS:GO選手が設立

株式会社TeTが、プロゲーミングチーム Japan BlackBirdを設立しCS:GO部門に日本トップチーム Japan Ignisを迎え、Japan BlackBird Ignisとして活動していくことを発表しました。

日本CS:GOトップチーム『Ignis』がプロゲーミングチーム『BlackBird』に加入

Japan BlackBirdは、日本CS:GOのトップチームで活動していた Japan YukiStyle こと Japan 武雄 啓太氏が代表を務める株式会社TeTによって設立されたプロゲーミングチームです。

チーム設立に合わせて、現在の日本CS:GOチームNo.1 Japan Ignisのメンバーを迎え、CS:GO部門 Japan BlackBird Ignisとして活動していくと、YouTubeで行なわれた「eSportsの新サービス『SELeCT』リリース記念特番」で明らかにしました。

配信アーカイブ

Japan BlackBirdはゲームを競技と捉え、競技に全力で取り組む選手達の環境作り、サポートを行ない、競技シーンの中で輝いていけるようチーム一丸となリ全力で取り組んでいくとしています。

チーム名の由来は、アメリカの超音速・高高度戦略偵察機SR-71(愛称・Blackbird)であると説明されていました。

BlackBird Ignis

Japan hNt (22歳)

Japan oitaN (20歳)

Japan neth (23歳)

Japan poem (22歳)

Japan Pablo (20歳)

武雄 啓太氏のコメント (株式会社TeT 代表取締役)

小さい頃から周りにゲームがある環境で育ち、21歳の時に始めた「CounterStrike:GlobalOffensive」というタイトルのゲームで競技シーンでプレイする楽しさを知り、3年間プレイヤーとして活動してきました。
プレイヤーとしてのキャリアを終え、ゲームから離れていた時期もありましたが、次世代のプレイヤー達のサポートをするために、また競技シーンに戻ってきました。様々な人に支えられ、こういった形で新しい活動が出来ることに非常に興奮しています。
まだスタート地点に立ったばかりですが、日々前進していけるよう活動に取り組んでいきます。

関連記事

CS:GO日本トップチーム『Ignis』がプロ化を発表、2020年1月1日よりフルタイム制へ、月給20万円以上でコーチを募集開始

情報元

ゲーム紹介