Riot Games最新FPS『VALORANT』の正式サービスがスタート、各個人の行動が今後のより良いゲーム環境を創る

Riot Gamesが、最新FPS『VALORANT』の正式サービスをスタートしました。

最新FPS『VALORANT』の正式サービススタート

『VALORANT』は日本時間の2020年6月2日(火)午前8時頃にリリース予定である事が発表されており、待機していたところ7時55分くらいの段階から公式サイトがアップデートされ、ゲームクライアントのダウンロードが可能となりました。

ゲームダウンロード

ゲームのインストールには7ギガほどのディスク容量が必要となります。

サーバーは日本に設置されているようで、pingは自分の場合「20」前後と非常に良い環境でプレーすることが出来るようになっています。

ゲーム内のインターフェース、キャラクターボイス、最新のパッチノート、入門ガイド、など全てが日本語に対応していて、英語の時点で引き返したくなるような人にもやさしい環境が整っています。

それぞれの行動が今後の『VALORANT』コミュニティを作る

ゲーム導入時、『VALORANT』コミュニティの一員としてゲームをプレーしていくこと関する「VALORANTコミュニティー行動規範」に同意することが求められます。

この行動規範に反して、例えばゲーム後にチームメイトを罵倒したり相手を侮辱するといった行動を取り、それがSNSで投稿されればゲームの悪印象が広まってしまい、プレー人口が増えない・減少していくということに繋がっていきますので、「マイナス」となる行動はなるべく減らすよう心がけて生きたいところ。

楽しむ場所を創り・守っていくということは、自分達の対応・行動次第です。日本は『VALORANT』に高い期待を持っているゲーマーが多いので、行動規範に基づいた良いコミュニティ作りが進んで行けば、よりゲームを楽しめる環境が作られるのは間違いありません。

ゲームダウンロード

関連記事

『VALORANT』の正式サービスが日本時間6/2(火)朝8時よりスタート、各言語13個の公式Twitterで一斉アナウンス

情報元