eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

CS:GOオフライン大会『IEM Global Challenge 2020』、賞金総費額50万ドルで2020年12月に開催予定

『ESL』が、CS:GO『IEM Global Challenge 2020』をオフラインにて2020年12月に開催予定であると発表しました。

IEM Global Challenge 2020

『IEM Global Challenge 2020』には、関連大会・ワールドランキングで出場権を獲得した8チーム(アメリカ3チーム、ヨーロッパ5チーム)が出場し、オフライン形式で実施されます。
※新型コロナウイルスの影響により変更となる可能性あり

実現すれば、ESLが開催するCS:GOオフライン大会は、2020年2月24~3月1日に無観客で開催された『IEM Katowice 2020』以来となるでしょうか。

無観客で行なわれたCS:GO世界大会『IEM Katowice 2020』、同時視聴数101万の非メジャー大会最高記録を達成

開催情報

  • 開催日:2020年12月15~20日
  • 出場チーム数:8
  • グループステージ:4チーム×2グループ、ダブルエリミネーション方式トーナメント、各上位2チームがプレーオフ進出
  • プレーオフ:シングルエリミネーション方式トーナメント(Best of 3、決勝のみBest of 5)
  • 賞金総額:$500,000

出場チーム

  • 10月06~25日:IEM New York (NA) 1位
  • 10月15~25日:DH Open Fall 2020 (EU) 1位
  • 11月06~22日:IEM Beijing (NA) 1位
  • 11月06~22日:IEM Beijing (EU) 1位
  • 11月23日:ESL World Ranking (NA) 1位
  • 11月23日:ESL World Ranking (CIS) 1位
  • 11月23日:ESL World Ranking (EU) 1位
  • 11月23日:ESL World Ranking (EU) 2位

「IEM New York」「DH Open Fall」「IEM Beijing」で出場権を得ているチームが「ESL World Ranking」の対象ランキングに入った場合は除外して繰り上げ当選になるとのことです。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/