eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『100 Thieves』がCS:GO北米シーンからの撤退を発表

アメリカを拠点とするライフスタイルブランド・ゲーミングチーム『100 Thieves』のオーナーMatthew “Nadeshot” Haag氏が、CS:GO部門の北米シーン撤退を発表しました。

『100 Thieves』がCS:GO北米シーンからの撤退を発表

United States 100 Thievesは、2019年11月に Australia Renegades のメンバーを獲得しCS:GOシーンに再参入。しかし、新型コロナウイルスの影響で展開計画が狂ってしまい、最終的に北米シーンからの撤退を決定したとのことです。

Nadeshot氏は今回の撤退と選手達の今後について、動画を通じて説明しており、主な内容は以下となっています。

  • 新型コロナウイルスの影響もあり、現在のシーンはヨーロッパが中心となっている
  • 100 Thievesのメンバー変更を検討したが、メジャー大会出場をかけたポイントシステムがあり、メンバー変更をすると出場権を失う可能性があった。これが一番の障害となって実現は難しいと判断した
  • 新型コロナウイルス・ビザの影響で北米に滞在することが難しい選手も出てきている
  • 選手達がヨーロッパに移籍することを前提に他チームと交渉を開始している
  • 選手たちが 100 Thievesのメンバーとしてプレーするのは現在開催されている『IEM New York 2020 Online』までとなる

100 Thieves CS:GO

  • Australia Aaron “AZR” Ward
  • Australia Justin “jks” Savage
  • Norway Joakim “jkaem” Myrbostad
  • Australia Jay “Liazz” Tregillgas
  • New Zealand Sean “Gratisfaction” Kaiwai

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/