eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

Dota 2世界王者「ppd」選手が現役復帰を発表、『Dota Pro Circuit 2021』北米「Upper」部門に「Sadboys」として出場

2015年のDota 2公式世界大会で優勝した United States Peter “ppd” Dager選手が、現役復帰を発表しました。

Dota 2世界王者「ppd」選手が現役復帰を発表

この発表は、「WePlay Esports」にppd選手本人が記事を投稿する形で行なわれました。

Japan ppd選手は、2020年4月に現役引退を発表。その経緯や復帰に至るまでの理由が、この投稿内で説明されています。

  • 新型コロナウイルスの影響によりUniverse、Lelisがプレー出来なくなった
  • キャプテンとしてチームの立て直しに奔走し、スタンドインを入れて『ESL One Los Angeles 2020』EU & CISはベスト14という結果に
  • このままでは厳しいと判断し引退(無期限休止)してアメリカに帰ることをチームに説明。NiP Dota 2部門解散
  • 引退後は休息を経て次の人生についての検討を開始
  • eスポーツの経験を活かしたゲーム開発の道を模索したが上手くマッチングしなかった
  • Dota 2の経験を活かし、コーチ、キャスター、マネジメント、配信者などを検討
  • 最終的に、選手として活動を再開することを決定。「Sadboys」を結成し、『Dota Pro Circuit 2021』北米「Upper」部門に招待枠から出場。

Sadboys

  • United States Clinton “Fear” Loomis (Carry, ex-Evil Geniuses)
  • United States David “dnm” Cossio (Mid)
  • United States David “Moo” Hull (Offlane, ex-J.Storm)
  • United States Jingjun “Sneyking” Wu (Support, ex-VGJ.Storm)
  • United States Peter “ppd” Dager (Support, ex-Evil Geniuses, NiP)

関連記事

Dota 2公式プロツアー『Dota Pro Circuit season 2021』の詳細発表、2021年1月18日(月)より開幕

「6Million Dollar Echo Slam」で有名な『Dota 2』2015年世界王者「Universe」選手が引退を発表

Evil GeniusesがDota 2部門所属Fearの現役引退を発表、チームコーチに就任

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!