eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Natus Vincere』が『Intel Grand Slam』達成、CS:GO『ESL ProLeague Season 14』で優勝し指定4大会を制覇

『Natus Vincere』が『ESL ProLeague Season 14』で優勝し、『Intel Grand Slam』を達成しました。

Intel Grand Slam

『Intel Grand Slam Season 3』では2つのルールが定められており、Natus Vincereは「10トーナメント中、1つ以上の指定大会を含む4つのマスターズレベルCS:GOトーナメントで優勝する」をクリアしてグランドスラム達成となりました。

『Natus Vincere』はグランドスラム達成の3チーム目で、これまてに『Astralis』『Team Liquid』がその栄冠を手にしています。

関連記事

Team Liquidが最短・最速でグランドスラム達成、CS:GO『ESL One Cologne 2019』で優勝

『ESL Pro League Season 8』でAstralisが優勝、4つのプレミア大会を制し「Intel Grand Slam」初の達成チームに

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!