eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

国際大会『2021 VCT Masters Stage 3』本戦、日本公式配信・公式ミラー配信を合わせて最高同時接続数「22万」越えを記録、日本予選の「16万」を上回る

2021年9月10~20日に開催された国際大会『2021 VALORANT Champions Tour Stage3 Masters Berlin』の国内配信チャンネル最高同時接続が22万人を超えたと発表されました。

国際大会の配信最高同時接続数「22万」越え、日本予選「16万」を上回る

日本勢の試合では同時接続過去最高の22万同時越え※を記録し、両チームでの応援ハッシュタグである、#CRWIN、#ZETAWIN がTwitter日本トレンド1位になりました。その他VCT関連のツイートもトレンドインしていることから、本大会の注目度の高さがうかがえました。
※YouTube、Twitch、公式ミラー配信における国内配信の合算値

対象配信チャンネル

日本代表の試合は深夜~早朝にかけて行なわれたので、その上で日本予選を上回る「16万」を超えたのはかなりすごい事だと思います。

自分が試合を見ていた時は深夜3時頃で以下のような数字でした

日本代表の応援ハッシュタグがTwitter トレンド入り

日本代表として出場した『ZETA DIVISION』『Crazy Raccoon』の応援ハッシュタグが、それぞれ日本のTwitter トレンド1位を獲得しました。

関連記事

『2021 VCT Stage3 Masters Berlin』で「Gambit Esports」が優勝、「Team Envy」を3-0で下す

Riot Games正式発表、『2021 VCT Tour Stage3 – Challengers Japan』の同時視聴数が公式配信・公認ミラー配信を合わせて16万越え

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!