eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Counter-Strike: Global Offensive』アップデート(2021-09-22)、「Operation Riptide」に関連する修正を実施

『Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています(2021-09-22)。

Release Notes for 9/22/2021

MISC

  • 一部のゲームモードをプレーしようとしたときに、不正なゲーム設定エラーが起きてしまうことがあるのを修正した
  • 「sv_infinite_ammo 1」に設定されているサーバーで発生していたグレネードの問題を修正した
  • force precache launch 設定が使われていた場合にwaveファイルのfatal errorが発生するのを修正した
  • workshopマップリストのスクロール不具合が再発していたのを修正
  • 「Guerrilla Warfare」エージェントのつなぎ目を修正した
  • 「Gendarmerie」エージェントのボイスがミスマッチになっていたのを修正した
  • 「Jungle Rebel | Elite Crew」エージェントの名前と音声を修正した
  • 失われていたナイフのテクスチャがを追加

SDK

  • マップクリエイター向けにlights.radファイルを最新にアップデートした

MAPS

Ancient

  • レーダーの画像を最新のマップ変更に合わせてアップデート

County

  • env_spritesをクライアントサイド バージョンに置き換えた
  • point_spotlightsを削除
  • いくつかのphysical propsを非ネットワークバージョンに置き換えた
  • レーダー画像をアップデート
  • 最適化

関連記事

『CS:GO』大型アップデート「Operation Riptide」リリース、グレネードを落とせるよう仕様変更、「Deagle」「M4A1-S」のダメージ調整実施

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!