eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Natus Vincere』CEO、ロシア在住選手3名を含むCS:GO部門のロスターを維持したいとインタビューでコメント

ウクライナを拠点とするeスポーツチーム『Natus Vincere』のCEOを務めるYevhen Zolotarov氏が、ワシントンポストのインタビューにて、ロシア・ウクライナ情勢におけるチームの現状について語っています。

『Natus Vincere』CEOがインタビューでチームの現状にコメント

Yevhen Zolotarov氏のインタビューで気になった部分について紹介します。

インタビューのポイント

  • 『Natus Vincere』は、ロシアに居住し同国に税金を納める人とは取り組みを行なわない方針
  • モバイルチームの一部は解散となる予定
  • その他の各部門についてはロスターを維持したいと考えており、ロシア在住選手のほとんどが移住する準備を進めている
  • CS:GO世界No.1で3人のロシア選手を含む同チームがどうなるかの質問には「メンバーを維持したいと思っており、ロシア在住の選手達が移住することを願っている」とコメント
  • Natus Vincereのスポンサーは欧米企業がほとんどで、契約を終了したのはロシアの銀行「Tinkoff Bank」のみ。支援してくれているパートナーに対し、必要な全ての取り組みを行なっていきたい

Natus Vincere CS:GO

  • Ukraine Oleksandr “s1mple” Kostyliev
  • Russia Denis “electroNic” Sharipov
  • Russia Kirill “Boombl4” Mikhaylov
  • Russia Ilya “Perfecto” Zalutskiy
  • Ukraine Valerii “b1t” Vakhovskyi
  • Ukraine Andrii “B1ad3” Horodenskyi (Coach)

関連記事

ウクライナの『Natus Vincere』、チームの状況や今後に関するメッセージを公開

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!


アフター6ジャンクション出演時アーカイブ