eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

レジェンド「f0rest」が古巣『Fnatic』で12年ぶりにプレー、「Pinnacle Cup Championship」にスタンドインで出場

『Fnatic』がCS:GO大会「Pinnacle Cup Championship」に Sweden Patrik “f0rest” Lindberg選手をスタンドイン起用することを発表しました。

レジェンド「f0rest」が古巣『Fnatic』で12年ぶりにプレー

現在、『Fnatic』はCS:GO部門のラインナップを再構築中です。
「Pinnacle Cup Championship」の開催が明日6月8日(水)に迫っているなか、メンバーが確定しているのは4名で、5人目として誰が出るのかという点に注目が集まっていました。

正式なメンバーとしての起用はおそらく間に合わなかったため、5人目としてレジェンド「f0rest」が一時要員として起用されました。f0rest選手は、2006~2010年に『Fnatic』Counter-Strike1.6部門でプレーしていました。

現在、f0rest選手は「Dignitas」に所属していますが、こちらもチームを再構築している状況で、所属メンバーは他チームのとの交渉が可能なステータスとなっています。

f0rest 選手とFnatic

2010年に Sweden f0rest 選手と Sweden GeT_RiGhT 選手が Sweden Fnatic からライバルの Sweden SK Gamingに移籍した際は、バックグラウンドのストーリーと合わせて大きな話題となりました。

当時の記事

ちなみに、現在Fnaticの共同オーナーでChief Gaming Officerを務める Sweden Patrik “cArn” Sättermon氏は、Fnatic Counter-Strike1.6部門でf0rest選手と共にプレーしていたことがあります。

2014年に実施したredditのAMAで、「f0restがFnaticに戻ってくるのはいつでも歓迎」と回答していたことがありました。ヘルプメンバーとはいえ、f0restが選手が再びFnaticでプレーする日がやってくるとは、多くの人が思ってはいなかったのではないでしょうか。

Fnatic メンバー (Pinnacle Cup Championship出場選手)

  • Sweden KRIMZ
  • United Kingdom mezii
  • Denmark nicoodoz
  • Denmark roeJ
  • Sweden f0rest

Sweden Fnaticは成績不振を打開するため、2021年に伝統のスウェーデンラインナップを崩し、メンバーの国際化を行なう判断を下しました。

しかし、この方式は上手くいかずチームの核であった Sweden Ludvig “Brollan” Brolin選手が Sweden Ninjas in Pyjamas に移籍してしまうという結果を招いてしまいました。

改めてになりますが、現在は、Sweden KRIMZ、United Kingdom mezii選手を中心にラインナップを再構築中で、「Copenhagen Flames」から Denmark nicoodoz選手、Denmark roeJ選手を獲得し4名までが確定している状況です。

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!