eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

1.6におけるGlockのダメージ

1.6でダメージの強化がなされたGlockですがどうやらBetaからダメージの変更はないようなので、1.6 Betaの時点で1.5とのダメージ比較を行ったデータを乗せます。

1.5はNegitaku Server、1.6はBeta時点のBOTで両方ともに1591件のログより集計しました。
すべてアーマーなしのデータです。
ヘッド率などは当然2つのデータで違いますがダメージの幅を見て右側がヘッドのダメージです。
幅が大きいのはダメージ自体の幅より距離による減衰だと考えられます。

CS 1.5

CS1.5
データ
平均23.16

glock CS 1.5

ヘッド以外でもっともダメージの多いのは、ダメージ9
2-28までを平均して13.05
ヘッドは最大でも100が1つだけで、60が最も多い

CS 1.6

CS1.6
Beta データ
平均20.68

glock CS 1.6 Beta

ヘッド以外でもっともダメージの多いのは
ダメージ17。3-40までを平均して16.74
ヘッドは100を超えるものも10あり、最大で116となった

比較

summary

平均はCS1.5の方が上回っていますが
これは単純にヘッド率の違いと考えられます
1.6 Betaの方が全体的に右にずれているのがわかります
ヘッドショットのダメージは大幅に増減され
かなり改善されていると思います

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!