eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

ヒットボックスバグ検証

最近話題となっているCSのヒットボックスがズレる
という事象についての検証結果がESRで紹介されていました。

検証結果はムービーとしてまとめられているので
どういった結果になるか一目瞭然。
コチラのサイトで見ることができます。

4つのムービーが掲載されております。
検証の状態は掲載ムービー左側から以下のとおり。

1.Metamodあり、立ち状態

ヘッドに当たっているのにヘッドショット判定になっていません。
また、プレーヤーの左肩から
少し外れたところを撃っているにも関らず、
ヒット判定になってしまっています。

2.Metamod無し、立ち状態

正常なヒットボックス判定。
1番でヘッドにならなかったところも
ちゃんとヘッドショットになっています。

3.Metamodあり、しゃがみ状態(グレネードモーション中)

これは特にヒドイ。
しゃがみ状態のプレーヤーに対して射撃していますが、
腹部のど真ん中以外まったくヒットしていません。
この状態でヘッドを狙っても確実に当たらない状態というわけです。

4.Metamod無し、しゃがみ状態(グレネードモーション中)

こちらも正常な状態。
まったくあたらなかった頭部などにも正しくヒットしています。
これをみてわかるのはしゃがんでいてグレネードモーション中だと
ヘッドショットになりにくいのかな?ということですね。

この結果がJCCT5には少なからず影響すると思われますが、
チート排除を取るか、
ヒットボックスを取るかの判断が必要となりそうです。
開催前に解決策がわかればよいですが。

情報元 : ESRquote>

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

Comments (0)
  1. Avatar NO NAME says:

    index消えてますね、AVIはのこってるけど。
    http://koti.mbnet.fi/nitka/Kuva.jpg
    http://koti.mbnet.fi/nitka/Kuva(01).jpg
    これ笑った。