eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

BIGLAN Socket2で、『C-SEC』はSDKマラソンを予定

2006年1月7~9日まで開催される『BIGLAN Socket2』にて、MODコミュニティの『C-SEC』はSource エンジン SDKコーナーを出展します。

そこでは、C-SEC所属のsakugetuが3日間『SDKマラソン』をやる予定です。
具体的には、3日の期間中にCSSマップとして『東京お台場TIME24 タイムプラザのBIGLANの会場』の再現に挑みます。
リアルタイムに制作しているところをいつでも見ることができるようにして、Source SDKの使い方や、どうやってマップを開発していくのかといったことを誰でも見て、理解できるような環境を提供していく予定です。

その場で写真を撮ってカスタムテクスチャを作成して、会場の雰囲気を出来るだけ再現します。
しかも、CSSマップとしてきちんと成り立ち、その場ですぐに遊んで頂けるものを提供する予定です。

もちろん、「デコパソ」もできるだけ、カスタムオブジェクトとして取り込むことを目指します。
当然、PO○Y○ON犬○氏を木っ端みじんに破壊できるようなオブジェクトは必須ですね。

CSEC

情報元 : C-SEC | BIGLAN

Avatar
Writer
寄稿者

Comments (0)
  1. Avatar HIRA says:

    LANパーティでマップ作成の元ネタはダンジョンズ&ドリーマーズですか?

    見るほうは面白いけど、やるほうは大変ですねw

  2. Avatar sakugetu says:

    「ダンジョンズ&ドリーマーズ」にそういうシーンありましたっけ?
    結構、何度も仕事の必要に応じて読み返してるのに完全に忘れてます・・・。
    一度やってみたかったんですよ。マラソン制作。
    その場でってのは、Sourceだからできるって部分がありますね。HL1時代だったら、大きくなるとコンパイル時間が長すぎて、複雑なものを作るというところまでたどり着けないと思います。

  3. Avatar HIRA says:

    あ、違いましたか。D&Dに読んだときに「これ面白いな」と印象に残ったので、てっきりそうかなと思ったんですが。
    (ページ確認しました。P312に会場のマップを作成した少年のエピソードが載ってます。)

    マップ作成については何も知らないんですが、やはり大変そうですね。実際にやったら盛り上がると思いますよ。頑張って下さい!