eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

Counter-Strike1.6 ゲーム内広告ベータ開始

『Counter-Strike1.6』に導入予定のゲーム内広告ベータ版が開始されています。

利用方法

ベータ版は、Steamの起動パラメーターに『-beta cs』を追加することで利用できるようになります。
デスクトップにあるSteamへのショートカットなどを右クリックしてプロパティを出し、下記のようにしてください。

  • 例: E:SteamSteam.exe -beta cs
  • Steamの起動パラメータ

これで、de_dust2をプレーするとCTベース付近等のテクスチャに広告が現れます。

CTベースの壁にHalf-Life2 Blackboxの広告CTベースとBポイントの間に広告

CTベース付近にテクスチャ広告が出るようになった

スコアボードの上部に広告が死亡時には左上に広告が出る

スコアボードの上部、死亡時には左上に広告が出る

現在は、Half-Life2: Blackboxに関係するValveの自社広告が現れます。
PortalやTeam Fortress2のロゴもランダムで登場しました。

広告はクリック等はできない仕組みで、視覚的に訴える広告でした。
今後、システムが整って広告を取れるようになったら、クライアントやサーバーのIPアドレスやSteamの設定言語から判断して、プレーヤーにあった言語の広告が出るようになったりするかもしれないですね。

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

コメント (0)
  1. technics より:

    i hope they will integrate the ads a little bit nicer than now, it really looks ugly now 🙁

  2. JamesB より:

    画像見るかぎりはもともとリアルな雰囲気を楽しむゲームではないので案外大丈夫かも。
    すでにかなり長くプレイされているはずだし、世界的には不正ユーザーが相当数いるはずなので、その分を埋め合わせて収益が上がりそう。そしてもし将来的に非課金モデルが成り立つなら、国内でもハンゲの無料FPSをプレイしている数十万人のうちかなりの数を取り込めるはずですが。鯖足りなくなるかな。

    (でもってFBで白いあいだにCMが流れれば効果無限大

  3. samuel より:

    死亡時の広告はいいとしても、MAP上に出てくる広告はベースだけにして欲しいなぁ

  4. Yukari.T より:

    officeをvalveの社内にすればいいのです。
    社長を助けるゲームにすればなおよし。

  5. エナイ より:

    この広告を表示させてるとリコイルが簡単になるとか言うと誰か信じるよ

  6. ホギ より:

    これが正常稼動を開始するとき、サーバーの設定でこの広告をONOFFできるかできないか気になる。
    もしONにするのならば、そのサーバーにたいしてなんらかの特典があるなどサーバー提供者やプレイヤーに還元されるとなおうれしい。

  7. ShinganJ より:

    CSのプレイが無料になったりする可能性も出てきたのではないだろうか?

  8. seri より:

    そのうち投げ物とかキャラのスキンとかにも小さく企業のロゴが入ったりして

  9. jol より:

    βきれてもユーザがオンオフ切り替えれるようにしてほしいです